空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

スウェーデンの子犬入手情報

こんにちは。


お盆休み、ゆっくりしていますか?
私はわんこの調子が悪いので、病院通いです。
お盆休みの時って、どこの病院も御休みですが、石山通りにある病院はあいています。
かかりつけの病院がお休みの時は、前日まで診察を頼んで、大事をとるようにします。
急変の時は、もう一つの病院へ。
やはり二つ以上かかりつけの病院があったほうがいいかもしれませんね。


ということで、今回は病院のお話ではなく、仔犬を家族に迎えるとき
具体的にどんな感じなのか、わん友さんのブログに載っていたのでご紹介です。

スウェーデンでのお話です。

仔犬の入手方法スウェーデンの場合はペットショップで犬を売ってはいけないことになっており、ブリーダーさんを通して買うことになります。

スウェーデンのケンネルクラブに登録しているちゃんとしたブリーダーさんから買う場合、生後8週間以降に引き渡し、それまでにワクチンやマイクロチップの挿入などをブリーダーが済ませておく、ということが決まってます。
というわけで、引越しが落ち着いた時点で、そろそろ仔犬が生まれるというブリーダーさんがどこかにいないか情報収集。
年末年始には日本に帰るから、引き渡しはそのあとがいい、ということは12月初め以降に生まれる仔犬・・・と逆算して探していたら、運良くいくつか見つかりました!
その中でウェブサイトなどを見る限りかなりしっかりしてそうだったところに電話。

とくにちゃんとしたブリーダーさんの場合、こっちが仔犬が欲しいと言ったからといって自動的に売ってくれるわけではなく、どんな家に住んでいるか、どのくらい家を留守にするのか、子どもはいるか、いるなら何歳か、旅行のときはどうするつもりなのか、飼い主としての自覚があるか、などなどを審査、というと大げさだけど、そのあたりがちゃんとしてない人には売ってくれないこともあります。

電話で話したときも、わたしたちの職業(つまりどのくらい家を留守にするか)、家の面積、庭の面積、趣味、ライフスタイル、などなどけっこう聞かれました。
とはいえ、そのくらい聞いてくれて、良くないと思うなら良くないとはっきり言ってくれるブリーダーさんのほうが安心だし、そういう人にお願いしたかったので、逆に信頼感が増し、実際に会ってみることになりました。

そんなわけで今日出向いたわけ。←前置き長かったですね・・・

結論から言うと、ブリーダーさんにも「ぜひ!」と言ってもらえて、12月3日生まれの仔犬ちゃんを1月末にゆずってもらえることになりました!!

現在、生後1週間。同時に生まれたのは雄1匹、雌3匹。ベッドをのぞかせてもらったけど、ひたすら寝てました(笑) ねずみ犬っていうか、むしろねずみみたいでした(爆)。
とはいえ、どの仔犬ちゃんになるのかは、今日の時点では分からないんです。これから数週間育てていく中で、どの子がわたしたちに合っているか見極めたい、ということなので・・・。ただ、雄はすでに欲しがっている人がいるそうなので、うちに来るのが雌になることはまちがいなさそうです。

というわけで生まれたばかりの仔犬ちゃんはそっとしておいたけど、代わりにそのお母さんや伯母さん、イトコたちと会わせてもらってきました! 
文章長くなっちゃったので、これから写真をお楽しみくださいませ(笑)


b0093855_6422161.jpg

伯母さんのフリーサちゃん。6週間前に出産したばかりで、現在子育て真っ最中。人なつっこく、すぐ膝にのってきた。とても穏やかで感じの良い子です。



b0093855_795679.jpg

これがお母さんのスムーランちゃん。うちの子も将来こんなに可愛くなっちゃうのかしら・・・←ってすでに来る前から親ばかだよ?


b0093855_7104539.jpg

イトコ(フリーサちゃんの息子)。とにかくやんちゃでかわいかった!!! うちに来る予定の子は、これよりもっと黒っぽい色になると思います。



b0093855_7121068.jpg

遊ぶ遊ぶイトコたち。



b0093855_7123370.jpg

で、疲れてぱたんと寝ちゃった・・・

ブリーダーさんもとても感じの良い人でよかったです。ブリーダーさんとの関係がよいと、仔犬を引き取ってからもいろいろ相談にのってもらえるし、ママや兄弟やイトコに会ったりすることもできるし。この出会いにも感謝!!

というわけで1月末がいまから楽しみです。

*************************************************************

皆さん、仔犬を迎えるということがこれだけのエネルギーを要するということ。
時間と環境設備、何より飼い主の覚悟が試される審査を通ってから、ようやく
家族として迎え入れられるなんて、まさに「命」の尊重を実感しますね。


日本は安易に入手できますが、だからといって彼らの「いのち」を粗末にはできません。
しっかりと守りぬきましょう!!


この仔は無事に新しい家族のもとへ行き、今はとっても幸せに生活しています。

文/写真提供。スウェーデン在住Furrawnさま
スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 07:06 |  未分類 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。