空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

第3回譲渡会

こんにちは。

今日は朝から曇り空、雨が降りませんように・・・と願いながら行ってきました。

3回目くらいから、ヒトが減り始めると思っていましたが、今日はたくさんの人が
悪天候にもかかわらず、来ていました。

PAP_0542.jpg


子犬、成犬、子猫のゲージがたくさん置いてありました。

PAP_0541.jpg


この看板の後ろはわんこコーナーです。

仔犬は、ビーグルの仔が一匹。
成犬は、シーズーの仔が、雌2匹と雄3匹

仔猫はたくさんいました。

さっそく10時半から抽選会です。
成犬を引き渡す前に、センターのほうからいくつかの注意点と飼育に関する話がありました。
シーズーは、どの仔も、皮膚疾患があります。
一部毛がはえていなかったり、しっぽの毛がはえてなかったり、でもみなおとなしくて無駄吠しません。
状態も皮膚疾患のみで、元気でいい仔ばかりでした。
年齢も1歳から3歳くらい?
割と小柄でした。

シーズーメスは、抽選会でみな赤い糸が結ばれました。
新しい家族に抱かれて、常設している獣医さんの指導を受けていました。

ビーグルの子犬も、高倍率で、新しい家族のもとへ。
しっかりと抱かれて帰っていきました。

シーズーオスは、残念ながら一匹も赤い糸が結ばれませんでした。
1歳から2歳の仔で、、どの仔もおとなしくかわいい仔でした。

最後に、「どなたかこの仔たちの飼い主になってくれませんかぁ~~」と職員さんが呼ぶと、会場はさ~~~とその場から離れていく人が多かったです。

私は、いい仔でおとなしいですね。
何歳ですか~~状態いいですねとか聞いていましたが。
すでに3匹(犬)2匹(猫)の我が家には連れて帰れませんでした。
ごめんね。

センターの職員さんが、「父ちゃんが、余計なことを言ったからだなぁ~~。おかねがかかるなんていったから、もらわれなかったんだよなぁ~~、ごめんよ」と一匹一匹抱きかかえながら、ゲージに入れてセンター内へ運んでいきました。

この仔たちは、いつまでセンターにいるかわかりませんが、決まらなければお☆様になると思います。

後、放棄犬でセンターに収容されている仔がいるので、どうしてその仔たちを出さないのかと聞いてみました。

お返事は、「収容期限が切れている仔たちは引き取りが割と多いのと、チャンスがあるので譲渡会に出さなくてもいいと思って出していない、でも今回出した仔は、飼い主さんから何とか引き出してきた仔なんだ、せめてこの仔たちに新しい飼い主を探してあげようと思って譲渡会に出した」ということでした。

でも私はせめて、こういう機会に多くの方に、センターで譲渡できる仔を出してみてもらった方がいいのではといいましたが、答えはなかったですね。

あくまでも「平日に譲渡します」とだけでした。

難しいですね。

平日に譲渡可能の仔たちはセンター収容犬及び放棄犬情報をクリックしてください。

仔猫たちは、いつでも人気もの。
たくさんの人たちの見守る中、抽選会が開かれ、かわいい子猫を抱っこして貰われていきました。
でも処分される猫の数は犬の倍いますから、終世大切にしてくださいね。
仔猫は、半年ですっかり成猫になってしまいます。
もう子猫の面影はなくなりますが、どんなことがあっても大切にしてくださいね。


PAP_0540.jpg

中央の奥に「動物慰霊碑」がたっています。
御線香とお花がいっぱい捧げられていました。
私も合掌してきました。


PAP_0543.jpg


センターの反対側にある広場です。
虹の橋に渡った仔たちは、この広場で遊んだことあるのかなと思ってしまいました。

最近の動物愛護センターでは、収容された犬たちの「譲渡」を重点的に考えて、できるだけ機会を与える方向に進んでいます。
譲渡されるように、飼育指導をしたり譲渡可能な犬にしつけをしたり、お散歩を経験させたりしている施設もあると聞いています。
きっとこの広場も、そういう使い道で作ったんだと思いますが、今は収容だけで手がいっぱいなんでしょうね。
早くこの施設の自然環境が、犬たちにとって喜びの憩いの場になることを願っています。
スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 14:22 |  未分類 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。