空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

震災時にどうしますか?あなたのペットたちを

こんにちは。

今日は以前紹介した「震災時のあなたのペットどうしますか?」の講演会に出かけてきました。

偶然にも、岩手宮城内陸で大地震が起きました。
まだまだ油断ができませんが、即急の対策で安心できる日が早く来ることを願っております。


PA0_0416.jpg


第1部と第2部に分かれ、4名の獣医師による講演と、討論会が行われました。

第1部
有珠山噴火災害の経験から学ぶ
有珠山噴火災害時に、中心となって被災されたペットたちの面倒をみてくださった獣医師内山先生からの、お話がありました。
その時の救護センターに収容されたペット数は、多い時で170匹にも上りましたが、最終的にもとの飼い主のもとへ帰ったり、里親さんに引き取られ、ゼロになりました。

噴火時はある程度予想がつきますが、今回の大地震の場合は、全く予想がつかないので、その時の準備を平素からしておく必要があると思いました。

というのは、救護センターに収容された犬猫たちは、災害時に同行避難した動物たちだけです。
中には50日間そのまま被災地に置き去りにされた犬猫も多かったということです。
そうなれば、家の中に取り残された犬は100パーセント死んでいます。
また鎖で、つながれたままの犬は水もえさもないまま餓死していたそうです。

まずはどんな状況でも、自分のペットは同行避難させてください。
そうすることによって、「命」は助かります。
置き去りになった場合、最悪避難命令の解除がない限り、家に戻れません。
そうなると、動物たちは餓死してしまう確率の方が高くなってしまうからです。

まずは同行避難をするよう心がけてください。


震災時ペットとはぐれた場合どうしますか?
講師前谷先生が話してくださいました。
やはりマイクロチップ装着をすすめておられました。
チップの中には飼い主の情報以外に、装着した獣医師の情報、かかっていた病院の情報がわかることによって、その犬猫の病歴がわかり健康状態を知ることができ救護する側としても助かるということです。
なるほどと思いました。

避難場所でのペットを飼育していない人との関係作りは?
講師立花先生がお話してくださいました。
これは犬猫にかかわっていない方の目線に重点を置いたお話でした。
避難場所によっては、ペット可不可があります。
可であっても、ペットが苦手な人がいることを前提として、飼い主が自分のペットに基本的なしつけをきちんとしておく必要があるということです。
日頃から、社会性をしっかり身につけさせ、迷惑にならないしつけをしておく必要があるということを言われていました。
無駄に吠える、排せつの後始末、おすわりやまて、呼び戻しなどのしつけはしっかりつけてた方がいいです。

震災時のペットの健康管理と感染症対策。
講師桂先生がお話してくださいました。
ペット用震災グッズを用意したほうがいいでしょうというお話です。
カラーリード、フード(一週間分)、靴下、トイレシート、消毒薬、予防接種証明書などを一緒に袋に入れておくと、いざというときに役立ちますということでした。
フードやシートは救護センター設置に約10日間かかるということでしたから、そのくらいの準備が必要だということでした。

とにかく今回のお話は、とてもためになるお話ばかりでした。

PA0_0419.jpg


最後に、被災したときはできるだけ自分のペットは同行避難し、自分でしっかり保護できるように日頃からしつけをしっかりしておく必要があるということです。

そして、犬が苦手な人の気持ちを理解しつつ、地域とのコミニュケーションを日頃から取っておくことも大切な愛犬家としての心構えだということを学びました。








スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 20:35 |  震災とわんこ |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。