空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

消えていく命

                    私が通った中学では


             毎週月曜日の朝、全校生徒が集まり朝礼がありました。


            私は貧血とは到底無縁の立派な体をしていましたが、


                     先生たちの長い話を


                 フラフラしながら聞いていました。


          その時、校長先生が決まっていつも同じ話をされました。


       『 今立っているあなた達のそばには、目に見えるお友達以外に

                   目に見えないお友達がいます。

            ここに立つことのできなかったお友達がいることを

                忘れないで生活してください。 』 と・・・。



         当時、子供だった私は校長先生が言いたいことが分からず

    
           なんて気持ち悪い話をするのだろうと思っていました。


               でも、こうして愛護センターに通ってみて、


          今になって校長先生が言いたかったことが分かりました。


                子供たちに何を伝えたかったのかが。。。。





            千葉県の愛護センターは、東京や神奈川と違い


                処分される犬であふれています。


       子犬は少しでも月齢が小さかったり、逆に大きかったりすると


               まぎれもなく処分対象になります。


                  そうせざる追えないのは、


         収容される数がとてつもなく多いことが最大の理由だと思います。


        (後、個人的には、譲渡する犬たちのお世話をする人出が
          全く足りないと言うことも関係すると思っています)

       
     収容棟で見ていても、可愛くて人慣れしている成犬もたくさんいます。


                きちんとした飼い主さんと出会っていたなら、

 
           ピカピカの家庭犬として生活を送ることができただろうに・・・


                     と思う犬もたくさんいます。


         それらの犬達も引受け先がないとの理由で殆どが処分されます。

        


               一昨日の、センターでの飼い主探しの会では、


         沢山のご家族が、子犬との出会いを求めて参加されていました。


                  どのご家族も、希望の子犬が決まると


                   あふれんばかりの笑顔を見せて下さり


             大事そうに子犬を抱えながら手続きをされていました。


                    私はその光景を目にしながら、


                   今、あなたが感じている喜びや感動を


              終世忘れないでください・・・と心の中で叫びました。


 
                   あなたが今抱いている子犬たちの命には


                    ここを生きて出ることができなかった


            何十頭、何百頭の子犬達・成犬達の命が重なっているのです。


             だから、どうか終世責任を持って飼って下さいと・・・・・。







             あの時校長先生が、私達子供に伝えたかったこと・・・・

    
                          それは


                  命を大切にしなさい。。。。ということ。



               人間であれ、犬であれ、同じ大切な、尊い命です。


  亡くなった子犬ちゃんに合掌・・・・・・・・・・  



*****************************************************************************

このお話はいつも私が訪ねているブログ「チロチロ日記」のある日の文です。
彼女に了解を得て転載させていただきました。


私が始めたブログのメッセージも「いのち」を大切にする約束が込められています。
彼女はいつも「消えていく命」とも向き合いながら、
救える命」のお手伝いをなさっていらっしゃいます。

全国でたくさんの保護活動をなさっていらっしゃる方もきっと同じ思いだと思います。

私は「救われた命の手助け」をしていらっしゃる方へ温かい声を届けたいと思っている一人です。
スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 18:22 |  未分類 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。