空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

福岡市の愛護施策

こんにちは。

雪が一気に降って、道路には雪山があちらこちらに・・。
幹線道路は除雪が行き届いていますが、脇道は細くなってすれ違いができないくらいです。
私が入っているコミュでこんな記事を見つけました。

先日から猫の話が続いていますが、荒川区も地域猫の去勢避妊の治療費を負担してくれています。
全国的にこのような運動が広がったらいいなぁ~と思っていたら、あの福岡でも実施してくれることになったんですね。

以下転載。

*****************************************




【転載大歓迎!】

◎◎から転載させていただきました。

とうとうやってくれました!
    チョーうれし~ィ!! 一番乗りは福岡市!

<福岡市>犬猫の殺処分減らそう 来年度から愛護施策

1月15日配信毎日新聞


 殺処分となる猫や犬を減らそうと福岡市は来年度から、全国でも珍しい動物愛護施策を始める。猫の体に飼い主の情報が詰まったマイクロチップを埋め込む手術への助成や、野良猫への不妊・去勢手術の無料実施などを柱とし、殺処分の多くを占め、住民の苦情も相次ぐ「猫問題」に重点を置いたのが特徴だ。

 市や動物愛護団体によると、福岡県の昨年度の殺処分件数は犬と猫を合わせ約1万6000頭で、3年連続で全国ワースト1。総数の約2割を福岡市分が占めている。市は「殺処分半減が10年後の目標。地域ぐるみで愛護活動を進め、人と猫が共生できる社会にしたい」と話す。

 市が3月に策定する「市動物愛護管理推進実施計画」の素案によると、市内に2カ所ある動物センターの獣医師が野良猫の不妊・去勢手術を担当。動物病院では通常、1匹2~3万円かかる手術費を、市が直接行うことで軽減できるという。

 対象は複数の住民がエサやりやふんの始末をしている「地域ねこ」。計画には動物愛護目的の寄付金の受け付けも盛り込む。

 NGO「地球生物会議」(東京)は「野良猫の過剰繁殖が悲しい殺処分につながる。自治体が自ら無料で手術を施すのは画期的で、全国でも例がない」と話している。【鈴木美穂】

023.jpg


この計画の中には動物愛護目的の寄付金の受け付けも盛り込まれているんですね。
これは具体的にどんな目的なのだろうか?
実施されると、そのうちにHPに盛り込まれますね。
チェックですね。
前進されいい方向に向かうことを願っています。

スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 10:15 |  未分類 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。