空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

獣医さんのひとこと

今日は、明日から大雪だとか・・・。
久しぶりの雪かきですが、肩こりが・・腰痛が・・腕が・・気も重くなりますね。


昨日4番目の女の仔(メス)が、最後の手術を終えました。
病名は乳腺腫瘍です。
前回(12月初め)の手術で下半分を摘出し、今回は上(胸)を摘出しました。
腫瘍はすべて切り取ったんですが、乳腺だけが一部残りました。

私も初めて知ったのですが、乳腺が残っていると乳首に限らず乳腺上に腫瘍ができるんですね。

今後腫瘍ができたら、次回は全身麻酔ではなく局所麻酔でレーザー治療をすることになりました。
それで患部を焼くということです。
そのほうが高齢犬への負担が少なくて済みますね。


とりあえず、無事に終わりホッとしています。



術後、院長先生が経過説明をしてくださり、私の質問にしっかりを答えてくださるんですが、
やっぱり先生の一言ってすごい力がありますよね。


今回いろいろな説明の後に私が「もとの生活ができるようになりますよね,治りますか?」といったら
先生は「大丈夫、治します!」ときっぱりおっしゃってくださったんです。

目の前の不安が消え、安堵感でほっとしました。

獣医さんの一言って大きいですよね。

確かに今回は無事にすみましたが、いつもこのような言葉が出るとは限りません。
患者さんの不安な気持ちをある程度察して、真摯な対応をしてくれると、
どんな結果でも受け止める覚悟ができるかもしれませんね。


たとえ今後腫瘍ができても早期発見で治療してもらえればいいんですから。
(実は今回思っていた以上に胸の皮膚が薄かったので難儀したんです)


あとは病理結果が気になりますが・・。
前回の下半分は良性でしたが、胸のほうはわかりません。
どちらにせよ、推定10歳の仔にしては、辛い手術だったと思います。
よく耐え抜いてくれたと思い、彼女には勇気をもらいました。

これから残された犬生を大切に育てていきたいと思っています。

2.jpg




スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 21:33 |  未分類 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。