空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

AERA犬ビジネスの闇から

こんにちは。


私のわん友さんがこんな記事を載せていました。
彼に承諾を得て転載させていただきます。
文中はほぼ「AERA」の記事の抜粋なんですが、まとまっているので皆様に読んでいただきたいと思います。
私は残念ながら、この雑誌購入できませんでした。
以下転載。


****************************************


1016874218_244s.jpg
1016874218_248s.jpg
1016874218_196s.jpg





書くのがだいぶ遅くなってしまったが、12/8号のAERAに、
「犬ビジネスの闇」という特集が載っている。


最近はペットの殺処分問題を扱う報道や雑誌が増えてきている。
その対策方法にまで踏み込んでいるものが少ないのが残念ではあるが、
問題を取り上げるのは良い傾向だと思う。


AERAの特集記事は2部構成で、前半では一部のペット業者が
売れなくなったり、繁殖能力が落ちて「用済み」となった犬を捨てて
いる実態について取り上げ、「ペットの流通システム」が「犬を殺す」
結果につながっていることを指摘している。
殺処分の現場を伝える雑誌は今までもあったが、今号はペット業者側に
スポットを当てて詳しくまとめてあるので、貴重なレポートだと思う。


犬好きから始まった破綻したペットショップ経営の男性の話を紹介する。



現在、男性は100匹ほどの犬を抱えたまま、ブリーダー事業も
行き詰って破綻している。

以前は熱帯魚を売っていたのだが、元々犬好きだったのに加えて、
犬の方が利益が上がると考え、ブームが去った熱帯魚からブリーダー
へと乗り換えたという経緯がある。

●商品にしか見えない犬
利幅を厚くしたいと考え、ブリーディングも始めた。最初は母体の健康
を思い、年に1回しか繁殖させなかった。だが次第に、生理のたびに
交配させるようになった。同じ頃、犬の価格が下がり始めた。
小型犬ブームが去ったためだった。数を売らなければと、必至になった。
「いつのまにか感覚が麻痺し、犬が商品にしか見えなくなった。
お客さんの求めに応じて生後40日の子犬だって売ってしまう。
たくさん居た方が儲けは大きいから、飼育には目が行き届かなくなり、
管理はずさんになる。
私のもとにいる犬は不幸だった。いまはやめてよかったと思う。」



もともと犬好きでも、犬を苦しめる側に回ってしまうというのは、
怖い話ではあるが、うなづける部分でもある。
全てとは言わないが、悪徳ブリーダーも出だしはこんなものなのかも
知れない。
「感覚が麻痺してお金だけを追いかけてしまう」というのは、
こういった「犬ビジネス」だけでなく、多方面で見られる話でもある。
社会の暗部がここにも反映されているような気がする。



今号の後半部分は一転して、
「殺処分ゼロ熊本の挑戦 ― 殺さない方法はきっとある」という
光が見えてくるような内容だ。

少し抜粋する。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「殺処分ゼロを目指す」
2002年、熊本市動物愛護センターの職員たちは実現不可能とも
思えるそんな目標を掲げた。

合言葉は、
「嫌われる行政になろう」

久木田憲司所長は当時をこう振り返る。
「本来、市の窓口は市民に嫌な思いをさせてはいけないのですが、
犬を捨てに来た人には、嫌な思いをしてもらおうと決めました。
窓口では時に声を荒げてでも説得し、翻意してもらおうと考えたのです。」

動物愛護法で、飼い主が持ち込んだり、迷子で保護されたりした犬は
都道府県や中核市などの自治体が引き取るように定められている。
だが同じ法律に、「飼い主は最後まで飼う義務がある」という趣旨の
文言もある。
熊本市は、引取りは緊急避難的措置であり、後者の理念こそ重視すべき
だと判断したのだ。

●無責任な飼い主と戦う

センター職員と無責任な飼い主の戦いが始まった。

「噛み癖があって飼えない」
60歳代の男性はそんな理由で、コーギーを持ち込んできた。
元々飼っていた息子が海外転勤になり、自分が面倒を見ることになった
という。
「犬が悪いことをしたんだから、罰を受けて当然だろう」
そう主張する男性に対し、小山信係長がこう詰め寄った。
「噛んでいいと教えてしまったのはあなたの息子ではないか。
息子の失敗を、なぜこの犬が命をかけて償わなければいけないのですか。」

またある時は、引越しで飼えなくなったという女性が来た。
小山さんはまずこう諭した。
「ここに来れば、この犬は命を絶たれます。飼い主としての最後の
責任を果たすため、新たな飼い主を探してください。」
だが女性は30人ほどの知人にあたったが、見つからなかったと説明する。
それでも、小山さんは食い下がる。
「たった30人に聞いて回ったくらいでこの犬が殺されるなんて、
理不尽じゃないですか?」

 そして地元紙の情報欄への広告掲載などを促す。それでもダメな時は
、言葉もきつくなる。
「なぜ引っ越す可能性を考えなかったのか。もう二度と動物を飼わない
でください。」

場合によっては、飼い主を殺処分に立ち会わせる。
飼い主に犬を抱えさせたまま、獣医師が麻酔薬などを静脈注射する。
犬は飼い主の腕のなかで痙攣しながら亡くなっていく。
そんな経験をした飼い主は「二度と飼わない」などと言い残し、
帰っていくという。

こうしたセンターの対応に、市の広報窓口などには少なくない苦情が
寄せられている。

だが、久木田所長は意に介さない。

「ちょっとでも犬の命を救える可能性があるのならそのために全力を
尽くす。それが私たちの原点ですから。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2007年に熊本市が飼い主から引き取った犬は52匹。
10年前の10分の1にまで減っている。
しかも、殺処分された犬は78匹。
殺処分率は16.9%という低い数字だ。
殺処分数が少なくなったおかげで、1匹ずつ麻酔薬などで安楽死させる
ことが可能になたそうだ。
東京では「法律で決まっているから」と二酸化炭素による殺処分を
行っているが(経費を安くするためかも知れません。)、熊本では
その機械はもう2年も使っていないそうだ。

ここまでやればできるんだという証明でもあると思う。

また、「真の道理」の前では「いいわけ」がみずぼらしく見えてしまう。

「現状」を「当たり前」だと考えたら事態は進展していかない。
「嫌われる」ことを「恐れない」という覚悟の大事さも教えてくれる。
「犬の殺処分」の問題点は様々な社会に潜む病巣と似ている部分も
多いので、社会全体にとっても非常に参考になると思う。

個人的には、こういった動きが、県全体の動物愛護につながり、
そのことが人間社会の良化につながっていくのではないかと
期待している。
そういう意味でも熊本県はモデルケースとして要注目です。




今号では、ペット「業者」がセンターで殺処分目前の犬を引きとって、
無償の「里親募集コーナー」を設けている例も書かれている。
前半部分でペットビジネスの「闇」を取り上げて、後半部分でそれを
解決するべく「光」(まだわずかばかりかもしれないが)を取り上げて
いて非常に良くまとまっていると思う。



*************************************

熊本の管理センターの処分率の低さにはいつも感心していました。
最後の久木田所長さんの言葉は本来飼い主が犬猫を迎えたときに肝に銘じなければいけないのに・・と思いますが。

ちょっとでも犬猫の命を救う可能性があるのなら、全力を尽くすことを考えるのが飼い主の飼い主としての意識の原点です。と置き換えてみました。
スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 07:54 |  未分類 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。