空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

原発がどんなものか知ってほしい

以前泊原発のときに、もか王は原発についていろいろ考えさせられた時期がありました。

今福島原発がこの震災で大きな被害がでています。
そしてどんどんその被害が広がっているように思います。

もしお時間があれば、平井憲夫氏の《原発はどんなものか知ってほしい》を一読してみてほしいです。

世界では原発廃止へと動いている時代。
日本という狭い国土にこれほどの原発がいるのかどうか。
原発に代替えできるものを検討するべきなのではないのか。
本当の情報がどれほど国民に知らせているのかどうか。

やっぱり一人ひとりが真剣に向き合わなければいけない時期なんだと思います。


《なんとかなるさ~~》ではいけない問題なのがこの原発問題なんですよ~ね。


スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 07:16 |  未分類 |   |   |  page top ↑

被災動物救援プロジェクト群馬

お友達ブログでこんなサイトを見つけました。

千葉さんさんも被災地動物たちの支援物資に協力しています。
その中にこんな嬉しい応援がありました。


被災動物救援プロジェクト

みなかみ町観光協会のご協力で被災されたご家族とペット同伴で1000名の受け入れ準備を始めたようです。

そのためのペットグッズの支援をお願いしています。
お家で眠っているペット関連のグッズをこちらに少しでも支援いていただけたら嬉しいです。
もか王も早速送ろうと思います。

ハーネスを作ろうかなぁ~と思っています。

まずはお知らせまで。
by sutenaidedotwan  at 08:10 |  未分類 |   |   |  page top ↑

東北関東大震災のペット情報

少しずつ物資も運搬されるようになりましたが、取り残された避難所には通信ができない状況で、県へ物資の要請すらできないところもあるようですね。

テレビ局の記者が入るくらいですから、その記者が伝達係になって早くその場に物資が届くように手配してほしいなぁ~とテレビの前で思うばかりです。


そこで震災ペットの情報を調べていたらこんなサイトがありました。


震災ペット情報サイトのまとめ


この中で被災地動物情報ブログは見やすいです。

新潟十日町市では一時預かりをしてくれるようですね。


阪神大震災のときに、震災にあったペットは処分を見合わせるということを聞いたことがあるんですが・・・。
とはいえ多くの犬猫が収容されたら、その思いも限られた職員さんだけには託せなくなるなぁ~と心配しているもか王です。

こういうときにマイクロチップを入れておくと、飼い主さんへの連絡がスムーズに行くんですが・・・。


そういえばあの二匹のわんこさんのその後をわん友さんのブログで見つけたの転載させていただきますね。


********************************************

チップジャパンさんからの公式の記事です。

下記が本人から許可を得た、唯一の公式な発表だと思って下さい。

また、社長さんは、この犬だけでなく、普段から犬のレスキューをされている方です。

日本の殺処分の現状や、今後の改善策計画は、私の団体と同じ理念をもたれて活動されています。


今回の救助に関して、ブッチジャパンの社長さんから、LIAの私の所に直接電話を頂きました。



保護の真相は下記です!。

ブッチジャパンの社長さんは、この犬達の救出活動を陣頭指揮されました。

実際に犬を保護して下さったのは、社長さんのオフロードバイク仲間の御二人です。

この御二人が2頭の犬を発見し、白い犬と茶色の犬を「赤ちゃんをおぶる時の、おんぶひも」で、背中におぶって、数百キロ、2台のバイクで搬送したそうです。

茶色の犬は、茨城のシェルターに収容されまして、御腹一杯食べているそうです。

白い犬は水戸の獣医師さんのところにいて療養中です。

2頭とも、首輪に飼い主情報があり、飼い主が判っているそうです。

この方々の活躍で、他にも16頭の犬が保護され、現在、山形に保護されています。
この犬達の今後の行き先も、ほぼ決まっているそうです。

保護された犬の多くは、マイクロチップでなくても、首輪にジップロックをガムテープで巻き付けられていたりして、中を開けると、飼い主の住所や連絡先、なかには御金が入っているものがあったりしたそうです。

飼い主の「どこかで保護されてくれ!。」という強い愛情を感じました。

飼い主さんが「御前は生きろ!。」という意味で、津波の際に急いで首輪に付けて、鎖から放したり、家から出して自由にした犬達だろうという話しです。

私も地震の時に同じ警告を出しました。

「生き物は外に放してあげて下さい!。」と。

同じ事を考えた人が沢山いたのですね。



全ての行動と、動物を思う強い気持ちに感謝です!。ありがとうございました!。本当に良かったです!。


私の団体も、来週から現場入りして活動する予定です。
今後の活力にしたいと思います。


最後に御願いです。

皆さん、ペットにマイクロチップを入れて下さい!。

今、行方不明になっている犬や猫の多くがマイクロチップを入れていません!。
首輪もして、マイクロチップも入れて下さい!。
首輪だけでは外れてしまう事があります。
これからの時代、マイクロチップを入れていないで行方不明になった場合は「飼い主の責任」という時代になってくると思います。宜しく御願い致します。

※今回の犬の保護の件でブッチジャパンの社長さんへ電話する事は御控え下さい!。感謝の気持ちを表したい人は、ブッチジャパンさんの商品を購入するとか、メールで感謝の気持ちを御伝え下さい。宜しく御願い致します。


by sutenaidedotwan  at 06:58 |  未分類 |   |   |  page top ↑

被災地での動物レスキュー

3月11日東北関東地方で予想もしない大きな災害が起きました。

一週間近くたった今でも、多くの方々の安否がわからないままです。
今日は寒さが一段と厳しくなるといわれております。

どうかできるかぎりの「暖」をお互い助け合って、温め合ってしのいでほしいと思うもか王です。

先日テレビに二匹の放浪している犬が映った映像が流れたそうです。
最初その犬の一匹は横たわり微動だにしていなかったとか。
でももう一匹がそっと寄り添うように近づき何かを話しかけたのでしょうか、
寝ていた犬がおもむろに上半身だけを置きあげました。

映像を写していた記者が「生きてる、生きてる」と言いました。

きっと助けに来たよ~と話したのかな?

そのまま放置していった記者にはその後非難ごうごうだったらしいですが、もか王はカメラマンに移してもらったから救われたと前向きに考えています。
結果よければすべてよし!!です。

犬も傷ついた同士いたわり、温め合い、助け合っている様子に胸がじ~んとしました。

被災地での多くの避難者の前向きな一言一言にじ~~んときた感動と同じくらいです。

この二匹の犬はお陰さまで《視聴者の熱い声援》無事保護されました。

よかったね。


被災地には多くの犬がさまよっているようです。

もし被災地以外の方、余分なお米や缶詰を買いだめしようと思っていらっしゃるなら、その数分の一でもいいので
飼い主を見失った犬、帰らぬ飼い主を待ち続けている犬たちの命を助けるために一肌脱ぎませんか?


以下はわん友さんの記事から転載です。

被災地を彷徨う 犬や猫の映像も流れ始め、
いつごろから 動物救援は動き出すだろうか、と事態を見守って参りましたが、
本日 諸事情が分りましたので 皆様にお知らせと支援のお願いを書かせて頂きます。


日本獣医師会では 災害時動物救援を 過去にも行ってきましたが、
今回の東日本大震災に際しても 動物救援を準備中です。

既に 活動拠点の場所の確保は済み、(仙台市・盛岡市)
普賢岳の救援の際に使用した 施設物品を
コンテナにて管理していた静岡県より 現地に向けて 既に出発。
今日辺り 現地に到着していると考えられます。

しかしながら 行方不明者も数多く、人命救助が第一の中
動物救援に当たるには 世論の反感も考えられ
先ずは 被災地現地の獣医師のみが 救援に当たる予定だそうです。

被災地に 数多くの迷い犬が放浪しているそうで、
各自治体の 動物収容車が 保護に動こうにも
車両のガソリンが無い状態だそうです。

それで 先ずは ガソリンの手配を 獣医師会で確保したそうですので
数日中に 各自治体による 保護は始められるようです。

しかし、現地の獣医師も被災者、
連絡も着かない人も多く また本人は無事でも
多くの動物病院も施設が被害を受けていて 身動きが取れる獣医師が
一体 何人いるかも不明な状態。。。

近々 他都道府県の獣医師の現地入りも 考えなくてはならない状況でしょうが、
行方不明者の大方の人数の発見が優先。

時期を見計らい 獣医師会が本格的に動く模様です。

それに伴い、以下の通り 救援に対する義援金のお願いが
HPにて掲載されています。

財団法人 日本動物愛護協会


HP

日本動物愛護協会


*************************************

もか王は一昨年地元の獣医師会主催の講演会でも、普賢岳のレスキューの様子を映像とその時にかかわったボランティアの方のお話を聴きました。

震災時あなたのペットならどうする?
ちょっと長い過去記事です。
by sutenaidedotwan  at 06:56 |  未分類 |   |   |  page top ↑

日テレ『スッキリ』ペットネットでのトラブル

ペットネットのトラブル



ペットネットのトラブル2

どちらも、日テレ「すっきり!!」で放送された番組です。

たぶんすぐに消去されると思いますが、ぜひ見逃した方はみてくださいね。
by sutenaidedotwan  at 13:56 |  未分類 |   |   |  page top ↑

いたれり尽くせり

この言葉を聞くと、そんなことしてもらえるなんてなんと幸せなの~と答えが返ってきそうですね。

かゆいところにも手が届く。

いたれり尽くせり。

配慮が行き届いて、申し分がないということ。』

我が家のわんこたちはどうなのだろうか。

毎日元気に起き、ご飯を食べたらトイレの散歩に出かけ、そのあとはゆっくりと寝る時間。

体を動かしたいときは他のわんことじゃれあったりおもちゃで遊んだり、でもほとんどまったりしている時間が多い。

特別ランに行くでもない、一緒にカフェに行くでもない、お庭で日光浴をする程度の外出だが、それで一日が終わる。


もちろんお散歩は朝昼晩と3回は行くので、それなりの運動はしているつもり。

わんこにとって『いたれり尽くせり』という環境はどんなものなのかと考えてみる。


やっぱり安心できる安全な場所と栄養バランスのとれたフードと何より飼い主のそばで不安のない時間を過ごすことではないだろうかと思う。声かけとかね。


それを準備する飼い主の心構えは、ただただわんこの気持ちを自分に置き変えて観察してみる。
視点を変えてみること。

これって意外と出来そうで出来ないことのような気がする。


☆この場所にあなたなら住めるだろうか?

☆この状態のフードはあなたなら食べられるだろうか?

☆この暑さ寒さにあなたが置かれたら心地よいだろうか?

☆この状態であなたなら安心できるだろうか?

☆いつでも優しい声で話しかけているだろうか?

『いたれりつくせり』

配慮が行き届いて申し分ないこと


もか王の考える『いたれりつくせり』はこれ以上でもこれ以下でもわんこにはいいとは思えないということ。
(あくまでももか王の考えだし・・・)

このくらいの配慮(心をくばること。他人や他の事のために気をつかうこと)はわんこにとっても平和に過ごせる環境かなと思うもか王。


ご近所のおじさんおばさんに「ここの家の犬は幸せなんだよ~よく面倒みてもらっているからさ~」
と言われ、むず痒い思いをしたもか王です。
そしてなによりのほめ言葉に感謝です。












by sutenaidedotwan  at 07:09 |  未分類 |   |   |  page top ↑

デビィ夫人のブログ

皆様、毛皮のコートや毛皮のマフラー等を持っていらっしゃると思います。

というもか王も、結婚した時に一着購入しました。
使うこともなく今はたんすのこやしになっています。

まさかあんな惨状の中で毛をむし採られていたなんて知らなかった頃です。

先月東京で、動物愛護法改正に向けて大きなデモがあったそうですね。
その中に数名の芸能人タレントさんが参加して、デモを行ったようです。

あのデビィ夫人も参加していました。
彼女はテレビで見る限りゴージャスな毛皮をいつもまとっているというイメージしかなく、
このたびのブログでの訴えがその人柄のイメージをかえつつあります。

彼女の毛皮もきっと期待に添えない方法で殺傷されたものかもしれませんね。
(願わくばむし採られるような過程でないことを祈るばかりです・・・)

呼び声すら出せない、悲惨な動物たち


実はアメリカのような安楽死を望んでいるわけでもないもか王です。
もちろん今の殺処分方法、(2酸化炭素)は即刻辞めてほしいです。

ある動画で見たアメリカでの安楽死も決して普通ではありません。
健康で元気な犬を診察台に乗せて、次から次に注射を打っていきます。
あという間に診察台の上に倒れます。(数回震えがありますが、筋弛緩剤なのかなぁ~あっという間に倒れかけました)

それを二人の獣医さんが機械的に行っていました。

獣医さんは、心の中で叫んでいるそうです。

こんなことは普通じゃない!!って。


どんな方法でも、元気で生きられる命がある限り、処分はしてはいけないと思います。とはいえ毎日毎日放棄迷子で収容される犬猫たち。

行政の方(保健所の職員)たちも処分にどれだけのつらい思いをしているでしょうか。
お気持ちを察しただけでも申し訳ない気持ちになります。

☆迷子になったら必ず探す。
☆どんな理由でも家族になった動物は最後まで飼育する。
☆万が一は誰かに託す努力をする。

責任を持って終生飼育をする。


☆そして何より安易に購入しない。
☆去勢避妊をする。不幸になる子犬子猫を作らない。

☆劣悪な環境の繁殖屋を取り締まる法律を作る


法律を変えることはみんなの力が必要だけれど、あとは飼い主さんの力でできるでしょう!!

今日も札幌管理センターにはたくさんの迷子犬がいました。
放棄犬もいました。

もか王に永遠の命と、膨大な財産があれば
不幸ないぬ猫をみんな救いたいと思うのですが・・・・・寿命ってあるのよね。



by sutenaidedotwan  at 18:49 |  未分類 |   |   |  page top ↑

全盲だって、楽しい毎日

我が家の末っ子、めいちゃんは管理センターからの迷子犬。(モエレ沼に捨てられていたんだけれどね。繁殖犬の疑いあり)

2年前に我が家に来た女の仔です。


全盲でお目目が両目とも真っ白です。

とはいえ小さいときから目が見えなかったのかあまり恐怖心がなく堂々と歩くたくましい仔。


そこでこんな記事を見つけたの。

『愛犬が視力を失ったら?』←クリック


そこで読んでいて、筆者が大変ですか?~という一言でかえってきた飼い主さんの言葉。

全然(ぜんぜ~~ん)

う~~わかる気がするわ~~。


もか王もメイを受け入れるまでは、自分に不安があったけれど、受け入れてしまったらまったく不安が消えちゃったのもの。


他人が思うほど大変じゃないの。

だってご近所さんに《大変ですねぇ~》と聞かれるたびに、『ぜんぜ~~ん』と答えていた!!

一緒に暮らし始めたらそれが自然で、いまいる彼女が彼女なんだと受け入れられたからなのかもしれないですね。

なるほど~~我が家も他のわんこが興奮するとメイも何やら興奮しているので、状況(空気)を読み取っているんですね。

DSC06843.jpg
あたち、足蹴りが得意技なの~~。

by sutenaidedotwan  at 06:28 |  未分類 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。