空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

最後の願い

おはようございます。

朝のNHK「おはよう日本」ご覧になりましたか?

飯田監督の淡々としたコメントもさることながら、この映画を見た方が前向きに啓蒙活動をスタートして映画のポスター貼りに協力したり、保護犬を引き取るよう準備していたり、または保護活動をしていらした方が、イタチごっこの「現実」に行き詰まって苦悩していた矢先のこの映画を見てさらに積極的に殺処分ゼロに向けて啓蒙活動をスタートなさっている話が流れましたね。

私もテレビ録画をしたのでそれを載せようと思いましたが画素数が高く断念!!
来月二部に分けて載せられたら載せますね。






ところで飯田監督の映画についての映像をみつけました。
これもご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=Li5FvJ7ygAI

23日放送の映像です。
ニュースJAPANです。
「最後の願い」
http://www.youtube.com/watch?v=hnqwyPXZcVY


このような最期の映像をテレビで放映したのは初めてじゃないかと思います。
目をつぶらずに現実を見てください。

これがドリームボックスに見えますか?




飼い主さん!!不幸な命を増やすなら去勢避妊しましよう。
ペットを商売にしている繁殖やからは子犬を飼うのをやめましょう。
終世飼育ができないなら、飼うのはやめましょう。


彼らの叫びを聴いてください。

人間の都合で翻弄されながら生きていく犬猫たち。
その小さな命を救うのも人間です。


あなたの犬猫はあなたの温かい腕の中で、その生涯をみとりませんか?
スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 08:19 |  未分類 |   |   |  page top ↑

フジテレビニュースJAPAN

先日のニュースJAPANの映像です。
地元は地域の放送だったのか見られなかったような気がしたんですが・・・。

YOUTUBUに映像がありましたので、見逃した方はご覧ください。
著作権の問題もあると思いますから早いうちのご覧くださいね。

感じること思うことをたくさんの方に教えてくださるのも啓蒙活動です。



ショーケースの犬は夢をみるか

http://www.youtube.com/watch?v=qZwEZIv2oa0&feature=related


仔犬が生まれる場所
http://www.youtube.com/watch?v=lrsauarNTnY&feature=player_embedded


取り急ぎお知らせまで。

茨城の繁殖やを思い出しますね。


万が一削除された場合の画像の要約です。
わん友さんのところから転載です。

日本のペットブームでは、
幼い子犬や子猫が人気の中心となっている。
人間の欲望によって、
深刻な危機に直面している小さな命の現実に迫った。
午前0時すぎの東京都内、飲食店が立ち並ぶ通りの中で、
まばゆいばかりの照明がついた1軒のショップ。
ショーケースには、まだあどけない子犬と子猫たちがいた。
ここ数年、深夜営業のペットショップは増加している。
店の前にいた人は「超かわいい」と話していた。
東京の繁華街にある一軒のペットショップは、
午前2時まで営業している。
一番若くて、生後35日のダックスフントの子犬がいた。
乳離れしてまもない子犬や子猫に引き寄せられるのか、
真夜中のペットショップには、ひっきりなしに客が訪れていた。
都内にある別の店でも、展示されている主役は、
やはり赤ちゃんのような子犬や子猫で、
真夜中にたびたびショーケースから取り出され、
客の手に抱かれていた。
深夜にもかかわらず、
しつこく遊びを仕掛ける客のほか、
ショーウインドーのケースをたたいて、
眠っている子犬を起こそうとする酔っぱらいの客も少なくない。
そんなときでも、店員は注意せず、黙認している。
FNNの調査では、
深夜営業のペットショップは、
東京都内だけで少なくとも9店舗ある。
真夜中の光と騒音に長時間さらされて、
子犬たちはいつも疲れているようにも見える。
現在の動物愛護法は、
幼い時期の販売規制やペットショップの営業時間に、
明確な数字を示していない。
その結果、競い合うように深夜営業の店が乱立している。
深夜営業ペット店の元従業員は、
「夜のお仕事をされている方たちが主に多かったです。
ぬいぐるみのように、
もうワンちゃんを買っていかれたりするんですよね。
よく同伴の方とかですかね、
男性の方が『買ってあげるよ』と言うんで、買ってあげて」
と話した。
深夜営業のペットショップでは、
子犬や子猫がブランドバッグと同様、
単なる商品として扱われていたという。
深夜営業ペット店の元従業員は
「生き物が生き物じゃなく見えてくるんですよね。
『モノ』という感じで。
仕入れ自体は、
オークションから来ているものなので、
原価はもう非常に安いですね。
それをやっぱり高い値段で、はやりに乗せて売る」と話した。

ペットの行動と中枢神経の関係を研究している、
麻布大学獣医学部コンパニオンアニマル研究室の菊水健史准教授は、
深夜営業は科学的にも影響が大きいと指摘する。
菊水准教授は「発達期の動物というのは、
夜、暗い時間に寝ると。その間に成長ホルモンというのが、
血中に分泌されるんですね。体の発達だけじゃなくて、
脳の発達もおそらくは、
何らかの障害を受けることにはなると思います」と語った。
強い光は、ダイレクトに脳を刺激するため、
生活パターンが破壊されて、
障害が残る可能性があるという。
生後4~5週で売るペットショップなどが存在するが、
その影響について聞いた。
菊水准教授は「極端に怖がりになるとか、
攻撃的になるとか、
次の新しい環境になかなかなじめないという動物が、
犬ができてしまうと。
ストレスに過敏になってしまって、
免疫機能もすごく崩される。8週までは、
(母親と)一緒にいるべき」と語った。
かわいらしさで購買欲を誘うため、
8週目に満たず販売される子犬たち。
それ故に、問題行動を起こしたり、
病気にかかりやすくなる可能性があった。
欧米の中でも動物愛護の精神が強いイギリス。
ペットショップで犬を売ることは、
法律で禁じられているため、犬を飼おうとする人は、
ブリーダーや犬の保護施設に行くことになっている。
ロンドン郊外で、
ワイマラナー犬のブリーダーをしているパッツィー・ホリングスさん。
日本では、生後1か月余りで子犬が販売されていると聞き、
驚きと怒りをあらわにした。
パッツィー・ホリングスさんは
「どうして育て上げた子犬たちを、
そんなに早く売ってしまうのか、
わたしには理解できません。
一生を通じて、精神的に影響を及ぼすことになるでしょう。
生後8週までは、
一緒に生まれた仲間の精神的な刺激と、
母親の愛情が必要だからです」と話した。
イギリスでは、子犬の将来を考え、
法律によって生後8週に満たない段階での販売を禁止している。
実は日本でも、2005年の法改正のときに、
環境省が生後8週未満の販売規制を検討したが、
ペット業界の反発などから断念していた。
環境省動物愛護管理室の安田直人室長は
「非常に子犬とか子猫に対する需要が高いとか、
流通業界でどこまで対応できるかということがあって見送った。
規制をかけるっていうことは、
やっぱり権利を奪うわけですよね、
ある意味」と語った。
業界の利益を優先させて、
小さな命の未来を犠牲にした国の判断。
なぜ、子犬は商品として扱われるのか。
その答えは、わたしたち自身の中にあるのかもしれない。

(09/22 00:55)

by sutenaidedotwan  at 19:02 |  未分類 |   |   |  page top ↑

お知らせ2

こんにちは。

シルバーウィークはどのようにお過ごしましたか?
私は家の事情で何かと忙しくしておりました。
連休は体をゆっくり休めるために使いました。

そんな中お知らせ1では見ることができなかったのですが、今回は大丈夫だと思うのです。


定期的に配信されるローポジションの宣伝です。

9月25日朝 NHK「おはよう日本」でも映画を紹介!

朝のニュース番組「おはよう日本」でも「犬と猫と人間と」を紹介して
もらえることになりました!

25日(金)AM7時~7時45分のどこかで、5~6分ほどの予定です。
若い植松ディレクターが頑張って各所を取材してくれて単なる映画
紹介ではなく、映画を応援してくれている方々、映画をきっかけに
した出会いなどを取り上げ、見応えある番組になると思います。
ぜひご覧頂けましたら幸いです。(飯田)

突発的なニュース等で放送が延期になることもあります。


↑ここが一番気になるわ~~。どうか延期になりませんように。



もう一つ。
朝刊を見たら・・・。

今日の「スーパーニュース」(フジテレビ)で「魂よ安らかに愛する動物ら」というテーマが載っていました。もしかしたら地方版かもしれませんが・・。
よかったらご覧くださいね。
放送時間は16:53~19:00の間に放送。
by sutenaidedotwan  at 05:50 |  未分類 |   |   |  page top ↑

お知らせ

こんにちは。

このところ秋晴れで気持ちのいい毎日を送っています。
フリマも盛大にすみ、ちょっと一息入れていたところです。
全額寄付の「しっぽの会」様よりお礼状もいただきました。
いつも「命の制限」のあるわんこ猫を引き出して、たくさんの新しいご家族と縁を結んでくださるしっぽの会のスタッフの方々には頭が下がる思いでいっぱいです。

今日は急なお知らせですが、ぜひ録画してご覧ください。
もちろんリアルでもOKですよ。

「犬と猫と人間と・・」の監督さんが出演です。



9/18 NHK教育「視点・論点」に出演!
2009年9月18日(金)21:50~
NHK教育『視点・論点』
「犬猫大国・日本の現実を映画に~飯田基晴」

その他も続々掲載が決まっています。
詳しくはHP、もしくはローポジブログで


ローポジション
by sutenaidedotwan  at 07:03 |  未分類 |   |   |  page top ↑

ドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と』・・・飯田監督にきく。


TKY200909140186.jpg



足長おばあちゃんに頼まれて

 「あなたに映画を撮ってほしいの。製作費はこちらで用意します」

 デビュー作を見に来た観客から、突然こんな申し出を受けた。初対面のおばあちゃん。「捨て猫を長年世話してきたけれど、もう限界。動物愛護について、誰でもわかる映画を作ってほしい」と言う。

 夢のような話だった。デビュー作「あしがらさん」はホームレスのドキュメンタリーだし、自身も特に動物好きではない。だがおばあちゃんは真剣だった。愛護団体に寄付するより映画で広く伝えたい、家族も了解済みだという。「でも、なぜ僕に?」。戸惑う監督にぴしゃり、「私は人を見る目はある方なのよ」。

 手探りの取材が始まった。関連書籍を読みあさり、施設や愛護団体に通った。毎年30万頭以上の犬猫が殺処分される一方で、動物とのふれあいを売り物にするビジネスは急成長。動物に癒やしを求め、いらなくなったら放棄する。動物の問題は人間社会の問題だと気がついた。

 「保護施設の関係者が、すぐそばの老犬に目もくれず、若い犬の譲渡先を相談する光景に『あしがらさん』のホームレスの姿が重なった。救いたくても救えない。だから目を合わせられない。前作と共通する命の問題がここにもあると気づいた」

 130時間の記録を、悩みに悩んで削った118分の「犬と猫と人間と」は、来月10日から東京・渋谷のユーロスペースで公開。おばあちゃんとの出会いから5年半、約束を果たせる日がやっと来る。(深津純子)



札幌でのシアターキノさんでの上映は決まっています。



****************************************

私もどうしたら、センターに保護される犬猫たちが飼い主のもとへ無事に帰ることができるかと何度も考えたことがありました。
期限が切れて譲渡されない仔たちは、ガス処分です。
職員さんが「ボタン」を押す時どれだけ胸が締め付けられることでしょう。
仕事とはいえ辛いことだと思います。

センターに収容される犬猫たちは、命を絶たれる仔のようが圧倒的に多いです。


首輪が付いているけれど名札がついていない。
いつもあっちこっち行ってるから、いつか戻ってくると信じているのかな?。
そんな昔ながらの「なんとかなるさ~~的」な飼い方をしている人が多いのではないだろうか。

引っ越し、アレルギー、問題行動、面倒くさい、、高齢、医療費がかかるからという身勝手な飼い主の飼育放棄も目立ってきました。

もちろん営利だけのブリーダー廃業犬も目立ってきました。

現実を見てください。

あなたが捨てた犬猫たちはどんな辛い苦しい最期を遂げるのかと・・・・。

このおばあさんは自分の全財産を使って捨てられた動物の悲しい現実を啓蒙しようと飯田監督に託しました。

こんな愛護啓蒙活動もあるんだなぁ~~と。
私は彼女のその強い意志に驚きました。

終世飼育は飼い主の責任です。
by sutenaidedotwan  at 19:34 |  未分類 |   |   |  page top ↑

すてないでのフリマ無事終了

こんにちは。

今日は朝からとてもいいお天気でした。
時折風が強く吹くんですが、そんな風もなんのそのです。
会場あいドッグランさんのオーナー様がテントを用意してくださって、たくさんのワンコ服や雑貨、人用洋服、猫グッズ等を並べました。

無題3

朝一できてくださったお客様
IMGP1294.jpg

品物もたくさん
IMGP1300.jpg
ワンコ服はもちろん

猫ものの、雑貨も・・手作りクッキーも
IMGP1301.jpg
IMGP1294.jpg
IMGP1299.jpg
IMGP1297.jpg


そしてわんこたち・・・。
IMGP1302.jpg
IMGP1305.jpg
無題5


たくさんのわん友さんがいらしてくださり、今回も盛大にフリマを終了することができました。


☆会場をお貸ししてくださった「あいどっぐらん」さまには、この場をお借りしてお礼をのべさせていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。

お陰さまでたくさんの方に喜んでいただきました。
収益金は保護活動を通して犬猫の命のリレーに大きく貢献している「しっぽの会様」に全額寄付させていただきます。

そしてこのフリマを宣伝してくださったわん友さん、手作り品を寄付してくださったわん友さん、お家のものを持ってきてくださったわん友さんには、心より感謝の言葉をお伝え申し上げます。

皆様の力と支えがあって、フリマが無事開催され終了することができたからです。
来年もフリマができることを願い、今年の無事終了に感謝します。



ありがとうございました。



収益金は30640円でした。
IMGP1311.jpg







by sutenaidedotwan  at 17:07 |  未分類 |   |   |  page top ↑

犬を殺さないドイツの常識

こんにちは。


アエラの記事をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。


この記事の中に「ドイツでは、なまじの気持ちでは犬を飼うことができません。社会全体が犬を飼うことについて成熟しているのです」という言葉があります。
同じ敗戦国として、自尊心ばかりが目立つ国と本来の意味を持つ「誇り」を掲げる精神の違いがわかりますね。

ブログ友達のぶんたさんの記事に載っていたんですが、その中に紹介している「垂れ耳立ち耳奮闘記」もお読みください。
とても分かりやすくいいお話が載っています。

「垂れ耳たち耳奮闘記」の「誇り」という記事です。
日本の「和」と「輪」の鋭い指摘が思わずうなずきますね。
 
こちら



日曜日はフリマーですよ~~~。

アイドッグランさんで、10時半から14時までですぅ~~~。

いらしてね!!
by sutenaidedotwan  at 06:31 |  未分類 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。