空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

HACHI

こんにちは。

以前記事にも載せた今年8月に公開される「HACHI  約束の犬」を覚えていらっしゃいますか?

犬の飼い主さんはじめ映画をご覧になった方々がいつまでも『動物への思いやりを忘れてほしくない』
と思います。

日本でのハチ公物語がアメリカ版でどのようにリメイクされるのか楽しみですが、その一方、のど元過ぎれば熱さ忘れる 熱しやすく冷めやすい日本人ですから、映画を見たときは「感動した!!」とか「やっぱり犬の忠誠心は素晴らしい!!」とかで終わってしまうのが残念ですよね。


そこで私も投稿しようと思っていますが、この映画を配給する会社松竹映画会社様にメールを送信しようと思っています。
内容は映画のパンフレットに「動物への思いやりや終世大切にしてほしい」旨をメッセージしてほしいと伝えます。


または上映最後のENDの前に日本の現実『毎年致死処分数34万匹以上、終世飼育責任を持ってほしい、命を大切に』というメッセージを載せてほしいと思うのです。

よろしければ皆様も、この機会にメールしてみませんか?

松竹株式会社よくあるご質問お問い合わせ


2k1u7d00000gym1t.jpg

スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 20:50 |  未分類 |   |   |  page top ↑

犬と猫と人間と

こんにちは。

ここでご紹介する映画は野良猫をお世話していたある女性が、ご自分の資産を出資して犬猫のドキュメント映画を作ってくれとドキュメント中心に映画を撮っている監督さんに頼んだ映画です。


以下転載です。



ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」

eiga_inynekoningen.jpg

この映画は

イナバさん と言う 『野良猫を長年にわたってお世話していたおばあさん』が、
「もう自分は年だし、世話をしているだけではなんの解決にもならない」と、
ドキュメンタリー映画を非常に良い視点から撮っている飯田監督を探しあて、
自分に下りてくるお金を
「犬や猫のためのドキュメントを撮るために使ってください。」と言って、出来た映画なのでした。

3年の歳月を掛けて、作ってくださったドキュメント映画

全編1時間57分

この1時間57分と言う長時間に、
日本の「犬と猫」が「人間の強欲」で、結果どうなってしまっているのか?が非常によく描かれていました。

また、
動物愛護団体の方々の飼われなくなった犬や猫を面倒見ている姿や
多摩川の端から端までと言っていいくらいの野良猫のお世話をしているご夫婦の姿も
映し出されています。

驚きは イギリスの街には 野良猫がいない・・ことです。

野良猫はみな、きれいなシェルターで保護され、ほしい方々に譲渡されているという事でした。

日本人の「家庭飼育動物に対する考え方」は
20年以上は遅れているのでしょう。

重いテーマです。悲しいです。辛いです。

が、日本中の方々が見たほうがいいと思ったドキュメント映画でした。

みなさんもお時間があれば、ぜひ。

***********************************************************

 ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」完成記念上映会のご案内

***********************************************************
39261263_56.jpg


犬と猫という「生き物」は、人間の都合で様々な立場に移り変わります。産まれたとき
は「商品」となり、飼われたら「家族」となり、要らなくなれば「ゴミ」として捨てら
れしまいます。私たちは3年にわたり、捨てられた犬と猫を取り巻く全国の様々な現場
を訪ね、取材を重ねてきました。
どうしたら状況を改善できるのか? この機会に一緒に考えてみてください。

「犬と猫と人間と」
2009年/ハイビジョンビデオ/115分 

企画:稲葉恵子
監督:飯田基晴
撮影:常田高志・土屋トカチ・飯田基晴
音楽:末森樹
制作:映像グループ ローポジション
助成:日本芸術文化振興基金

〇2009年2月22日(日) 完成記念上映会
 午前の部:開場:10:00 上映:10:30~
 午後の部:開場:13:30 上映:14:00~
 場所:女性と仕事の未来館ホール
     JR田町駅三田口(西口)から徒歩3分
     地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分
     TEL:03-5444-4151
 入場料:1300円(高校生以下:1000円)

<予約・問合せ>
映像グループ ローポジション

http://homepage2.nifty.com/lowposi/
[ 犬と猫と人間と] のあらすじ


転載大歓迎です。


東京にお住まいの方はぜひお時間があるならご覧ください。
我が市にも来てほしいです。


************************************************************************

新しい情報が入りました。
よろしかったら読んでください。
ちょっと長くなりますがよろしく。

飯田監督のお話が聞て、会場では映画の予告も流れるそうなので、お近くの方は是非足を運んで頂けたらと思います。

トピ主さんに了解を得て転載させて頂きました。

以下転載より...


譲渡会&フォトメッセージ展「ペットは家族 一生一緒」beautiful names

2009年2月1日(日)2日(月)3日(火)
六本木ヒルズ TV朝日ウム 入場無料
 
人間に捨てられた犬猫がどうなるのか。
「ペットは家族 一生一緒」をテーマに現在ペットを飼っている人、これから飼おうとしている人に「命の大切さ、人としてのモラルやマナーの向上」を積極的に提言していきます。多くの方に見て、感じて、考えて頂くための写真展です。                                                 
[フォトメッセージ展] beautiful names
part 1:不要動物として行政施設に収容された犬猫達の姿と彼らを待ち受ける運命
ボランティア達が撮り貯めた写真に、作家・渡辺眞子さんが、美しい文をつけて下さっています

part 2:命を救われた犬達と新しい家族との笑顔の家族写真 
    
adopt me!:家族募集犬猫の写真 70頭あまりの家族を待つ顔々をポスター展示とスライドショーでご覧下さい


☆ 譲渡会 3日間を通じ、写真だけでなく、家族募集犬も参加致します。数匹予定。参加犬はHPご参照願います


●Contents 2[Seminar and Talk]
ペットをめぐる様々な問題をテーマに熱く語られます

●[Talk and Discussion]
音楽を聴きながら動物愛護活動を実践している方や支援していただいている方々とのお話の場、情報交換の場といたしましょう!!

写真展+セミナー・トークの時間

1日(日)12:00~20:30 写真展 

    15:30~16:30:飯田基春(「2009年公開映画「犬と猫と人間と」映画監督」)×渡辺眞子(作家) 
    テーマ 映画「犬と猫と人間と」の撮影現場から見えた現実

    17:00~18:00:藤野真紀子(衆議院議員)×渡辺眞子(作家)
    テーマ 動物愛護の精神を生かし法律化していくには、法律を整備していくには、国が進めていけるようにしていくには・・・ 

2日(月)11:00~20:30 写真展  
   18:30-19:30 マルコブルーノ氏講演「動物先進国への道」
    マルコ氏が愛犬マイケルと共に講演して下さいます。

音楽をバックにトーク&ディスカッションなど 

3日(火)11:00~19:30 写真展   
  17:30~18:30:香山リカ(精神科医・立教大学教授)
    テーマ 人にもやさしく、動物にもやさしく・・・

[LOHAS Café は毎日12:00~20:00 OPEN]

主 催/共 催:NPO PM / NPO しっぽのなかま
後 援:東京都港区
協 力:6セントプレス/日総ぴゅあ㈱/㈱ティストリア /㈱KOB
                                                            
お問合せ
NPO PM mail : marucom@po2.cnet-ta.ne.jp  陽の会

**********************

by sutenaidedotwan  at 11:40 |  未分類 |   |   |  page top ↑

AERA

こんにちは


毎日すごく寒いですね。
道路はつるつるで、うっすらと雪がかぶさっているので足元が不安定になります。
お散歩時、犬が危ういところを彼の重みでバランスを崩さずに無事に通り過ぎることができますが、いつもとはいかないんです。
滑る所って、どうして一か所だけあるんでしょうね(汗)

今日は以前紹介したAREAの「ペットビジネスの闇」(12月刊行)のライターさんが、あの時の読者の反響が予想以上に多く、この関係の情報収集をなさっているようです。

アエラ読者の交流の場=意見や情報を寄せて交流し合う場所というネットがあるんですね。

ペットビジネスの闇

よろしければ、どのような情報でもこちらにお寄せいただいて次回の記事のご協力をお願いしたいと思います。

お近くの劣悪なペットショップ、あるいは個人での無登録の繁殖ビジネスをしている方がいらしたら、その現状をお伝えください。

個人情報で支障ない限り「現実」を報道することも、不幸な犬猫を防止するための一歩です。

以下からバックナンバーもお求めできます。

AERAバックナンバーお問い合わせ
by sutenaidedotwan  at 07:24 |  未分類 |   |   |  page top ↑

動物虐待への対策強化の署名運動

こんにちは。


しっぽの会の会報に同封されていた『動物虐待への対策強化を求める署名』運動が、昨年末までとなっておりましたが、延長されました。

私もコピーした署名用紙をもって、また頑張って活動しますね。
詳細はこちらをご覧ください。
Ailve


私のお近くの方、ペンを持って待っていてくださいね。
20.jpg
by sutenaidedotwan  at 13:18 |  未分類 |   |   |  page top ↑

冬道のお散歩

こんにちは。

先日の雨の影響で今日の道路はつるつるです。
その上にうっすらの雪がかぶさって、足元がより滑りやすい状態です。

先ほどシュナを連れてお散歩。

最近は一匹ずつのお散歩なんです。
多頭だといっぺんに連れて行くのが飼い主にとっても便利なんでしょうが、4匹の歩調がいつも合うとは限らないんですよ。
ダックスの3匹もそれぞれの事情があるし。

一番お散歩が大好きなシュナの仔を連れて、今日はちょっと遠くまでいきました。


やっぱりこの時期は雪山が道路わきに積まれているので歩道がない状態が多いです。
そこで車道に出てしまうことが多いんです。

「おしゃべりワンコの物思い」を読んでいる私としては出来るだけ、リードを引っ張って移動はしたくないので、今日もコートのポッケにおやつを数粒入れていきました。

これはチュチュのシグナルのために使うんです。

車道を歩いているので、車が来るとどうしても道路わきにワンコを寄せなければいけません。
その時にチュチュのシグナルをしてわんこを道路わきによせます。
通り過ぎるのを見計らっておやつをあげるタイミングを考えます。
自分のそばにより近づいたときにゆっくりおやつを口に運んであげるんです。
そうすると、狭い道路でも犬のリードをぐいぐい引っ張らなくてもシグナルでそばに来ますから。

この方法はほかの時にも使うんですが、最近は冬道の細い道路でよく使います。

寒い冬のお散歩でも、シュナの仔は楽しいことがあるので喜んでついてきますね。


ダックスたちは、病み上がりの仔と庭だけでトイレを済ませちゃう仔と寒さ苦手な仔がいるので、ぼちぼちです。

カメラ持参じゃないので、お散歩風景がなくてすみません。

是非皆様、おしゃべりワンコの物思いを過去記事からゆっくりごらんください。
53.jpg
嬉しいことにおしゃべりワンコの物思いの記事に『おいで~~ぇ♪』その10にチュチュのシグナルのことも書いてあります。
お読みくださいね。『おいでぇ~~♪』その10
by sutenaidedotwan  at 20:06 |  未分類 |   |   |  page top ↑

ちば県議会議

こんにちは。

私が読んでいるブログ「ぶんたの家」さんですが、千葉在住の保護活動をなさっている方です。
千葉のセンターから引き出したワンコニャンコを、里親に出すために懸命に活動してくださっています。

今回千葉管理センター状況も載せています。

そして千葉県議会で行われた愛護にまつわる内容が記載されていました。
よろしかったらご覧ください。

千葉での譲渡数が増えた分処分数が減っています。
まだまだですが、一歩ずつ前進していることは間違いないと思っています。

我が市でも、このような議題で会議が行われる日が来ることを願っています。
有志の方々と、こういう機会があるといいなぁ~と願う私です。
PA0_0755.jpg


by sutenaidedotwan  at 15:20 |  未分類 |   |   |  page top ↑

私・僕を迎えにきて~~。

こんにちは。


今日は朝から雨と風で季節はずれの大荒れです。
来月の雪まつりの準備の雪像にしたら、困った荒れ模様ですね。


つい最近、しっぽの会の放棄犬猫情報にコメントが入るようになりました。
どんな犬ねこが放棄され期限切れになって新しい家族を待っているのかよくわかります。
是非目を通され、もし犬猫を家族に迎えてくださる方がいらしたら、センターにお問い合わせください。

しっぽの会放棄収容情報


昨年からしっぽの会で、放棄犬と期限切れの犬猫情報が発信され、さらに最近は犬猫の状態を分かりやすくコメントされています。


写真がないだけに、このコメントは多いに役立っていると思います。
あくまでもしっぽの会は情報だけの発信です。



これらの犬猫のお問い合わせは↓のセンターに直接お尋ねくださいね。札幌管理センターHP
ご連絡はこちらにお願いします。
by sutenaidedotwan  at 14:56 |  未分類 |   |   |  page top ↑

福岡市の愛護施策

こんにちは。

雪が一気に降って、道路には雪山があちらこちらに・・。
幹線道路は除雪が行き届いていますが、脇道は細くなってすれ違いができないくらいです。
私が入っているコミュでこんな記事を見つけました。

先日から猫の話が続いていますが、荒川区も地域猫の去勢避妊の治療費を負担してくれています。
全国的にこのような運動が広がったらいいなぁ~と思っていたら、あの福岡でも実施してくれることになったんですね。

以下転載。

*****************************************




【転載大歓迎!】

◎◎から転載させていただきました。

とうとうやってくれました!
    チョーうれし~ィ!! 一番乗りは福岡市!

<福岡市>犬猫の殺処分減らそう 来年度から愛護施策

1月15日配信毎日新聞


 殺処分となる猫や犬を減らそうと福岡市は来年度から、全国でも珍しい動物愛護施策を始める。猫の体に飼い主の情報が詰まったマイクロチップを埋め込む手術への助成や、野良猫への不妊・去勢手術の無料実施などを柱とし、殺処分の多くを占め、住民の苦情も相次ぐ「猫問題」に重点を置いたのが特徴だ。

 市や動物愛護団体によると、福岡県の昨年度の殺処分件数は犬と猫を合わせ約1万6000頭で、3年連続で全国ワースト1。総数の約2割を福岡市分が占めている。市は「殺処分半減が10年後の目標。地域ぐるみで愛護活動を進め、人と猫が共生できる社会にしたい」と話す。

 市が3月に策定する「市動物愛護管理推進実施計画」の素案によると、市内に2カ所ある動物センターの獣医師が野良猫の不妊・去勢手術を担当。動物病院では通常、1匹2~3万円かかる手術費を、市が直接行うことで軽減できるという。

 対象は複数の住民がエサやりやふんの始末をしている「地域ねこ」。計画には動物愛護目的の寄付金の受け付けも盛り込む。

 NGO「地球生物会議」(東京)は「野良猫の過剰繁殖が悲しい殺処分につながる。自治体が自ら無料で手術を施すのは画期的で、全国でも例がない」と話している。【鈴木美穂】

023.jpg


この計画の中には動物愛護目的の寄付金の受け付けも盛り込まれているんですね。
これは具体的にどんな目的なのだろうか?
実施されると、そのうちにHPに盛り込まれますね。
チェックですね。
前進されいい方向に向かうことを願っています。

by sutenaidedotwan  at 10:15 |  未分類 |   |   |  page top ↑

ココアちゃん

こんにちは。

1月15日に子猫のココアちゃんの里親探しの記事を書きました。
最近のココアちゃんの様子がわかる写真が載っています。
保護した当時は目に炎症がありましたが、今はとってもかわいらしい猫ちゃんですよ。
一時預かりの方のお世話のたまものですね

ココアちゃん
の中の下のほうココアちゃんのアルバムをクリックしてください。
ここをポチっとね→アルバム


関西方面の方ココアちゃんの里親さんになっていただけませんか~~~
19.jpg
あたち(ジジ)からのお願ですぅ~~。
by sutenaidedotwan  at 10:04 |  未分類 |   |   |  page top ↑

先日の番組

こんにちは。
昨日は暖かくて7度でした。
お陰さまで道路の雪が解け始め、足元があぶないあぶない。
ワンコのお散歩も雪溶けのぬかるみに足を取られ、思うように歩けない飼い主と犬。
今日は気温が下がり、朝から雪が降り始めています。
昨日の温かさで雪も重くなり、雪かきが大変です。


先日お話した、野良猫事件簿の放送ですが、見逃された方はYOUTUBEでご覧になれます。
素敵な宇宙船地球号1
素敵な宇宙船地球号2

今は便利な世の中ですね。
翌日すぐにYOUTUBEで番組が見られるんですから。


そこで私は、どうしてこのような猫がいるのだろうかという
当たり前のことに疑問を持っています。
「地域猫」聞こえはいいけれど、本当にこのような環境が猫にとって望ましいことなのだろうか?
「地域猫」この猫たちはどこからやってきたのだろうか?
「地域猫」確かにどの国にもこのような猫がいるなぁ~~。でもどうして飼い主がいないの?


「地域猫」はその地域に居住を構え、その地域の人たちから愛され大切にされ安心して終世過ごせる環境を確保した猫だけが言える言葉だと思います。
野良ネコはそんな保護がない猫のことなのかな?

でも今はそれが根底から覆されている問題につきあたっているようです。

同じ地域にいてもそれをよしとしない人もいるということです。
えさやりに対して抗議をする人、猫を追い出したいと思う人、猫の被害にあったと訴える人。

野良ネコと地域猫の堺がどんどんなくなっていくのではないのかと懸念しています。

そこでいちばんの問題解決は、やっぱり人間同士のつながりじゃないかと思うんです。
地域の人たちのつながりがしっかりしている地域の猫は、多少のいたずらをしていてもおおめにみてくれています。
人間と人間のつながり、地域への貢献交流があるボラの方の地域猫はとても安心して守られているのではないのかしら?

そしてなにより
無責任な飼い方はやめてほしいです。去勢避妊の必要性を訴えむやみな繁殖をやめてほしいです。

人間同士の温かいつながりで、猫の存在がかけがえのないものになるといいですね。



by sutenaidedotwan  at 09:56 |  未分類 |   |   |  page top ↑

素敵な宇宙船地球号

こんにちは。


今夜、朝日テレビ「素敵な宇宙船地球号」という番組で「ペットブームの光と影~」を放送します。

下町ノラねこ事件簿:「癒しねこ」といわれ最近猫ブームですが、その陰で捨てられる猫たち。
その繁殖力と捨てられる野良猫問題にまつわる人間マナーを取材しています。
1月18日朝日テレビ23時から23時半まで。

札幌でも放送されます。


宇宙船地球号

↑をクリックするとバッグナンバーシリーズ集「ペットブームの光と影」もお時間がある方はご覧ください。
by sutenaidedotwan  at 19:02 |  未分類 |   |   |  page top ↑

犬の幸せってなんだろう?

こんにちは。

毎日目を通しているおしゃべりワンコの物思いのエッギさんが、All  Aboutという犬事情の雑誌に記事を載せてくださいました。

ウィーンの犬事情とウィーンから見た日本の犬事情についてもお話してくださっています。

どちらにせよ世界中の犬たちが、幸せになってくれることがエッギさんの願いでもあり、私たちの願いでもあります。

是非読んでください。
【ウィーン在住のトレーナーさんに聞く犬事情】

今まで飼い主目線で見ていた『犬との生活』と 犬の気持ちになって見る『現実』にかなりのずれがあることに気づくと思います。
23.jpg
by sutenaidedotwan  at 09:17 |  未分類 |   |   |  page top ↑

ココアちゃんの新しいお家はどこですか?

こんにちは。

昨夜から大雪注意報が出ていたので、すごく覚悟をして寝ましたが・・・。
朝起きると、全然雪が積もっていなくて拍子ぬけ?
でも雪かきしなくてすっごく助かった朝です。

今日はわん友さんの知人さんが、年齢9け月のかわいい猫ちゃんの新しい家族を探しているお話です。
詳細はこちらで読んでくださいね。
photo.jpg

ココアちゃんの里親募集

関西方面の方にお知らせください。

早く素敵な温かい家族が向けへに来てくれるといいですね。


それと以前札幌管理センターに収容されていたペキニーズの「さんたくん」の情報も更新されていますので、ぜひご覧ください。
とってもかわいくなって、きれいになっておりこうさんということですよ~~。


さんたくんの近状報告
by sutenaidedotwan  at 10:24 |  未分類 |   |   |  page top ↑

あなたにとって「福」ってどんなことですか?

こんにちは。


成人式ですね。
街ではセールの文字が目につきますが、今日は成人式。
晴れ着姿の成人たちに出会うかと思っていましたが、残念ながらみませんでした。
きっと式典最中だったのかしら?
きれいな晴れ着姿が見られると、数十年前の成人した私までわくわくします。



ところで、私の末っ仔ダックスは日に日に元気になってきています。
後追いするくらい大きな声で吠えるんですから、もう大丈夫です。
傷口が治ると、もっともっと元気になるでしょうね。
私も覚悟しておきます。



今日こんな素敵なものをいただきました。

PA0_0483.jpg

「運を運ぶダルマ」だそうです。
私には「福を運ぶダルマ」に見えます。


というのは、今日電車に乗ってお出かけしました。
乗車してから土曜日曜祝日は40円安い何度でも乗れるパスポート(300円)を購入しようとお財布を開けて小銭を用意しようとしたら、177円しかなかったんです。

それで、5000円の両替えをお願いしたところおつりがなくてできないといわれ、仕方ないので1000円のカードを購入しようとしたら、それでもおつりがないといわれました。

そうかぁ~~どうしようと思いましたが、片道分があったので、よかったぁ~とホッとしていたんです。

すると、運転手さんが「よければ、お帰りも電車なら今130円払って、帰りに170円払ってくださればいいですよ。」とおっしゃってくださったんです。
でもそんなこと出来ないので、丁重にお断りしました。


そこで私はとても心温かいものを感じたのです。


早速私に「福」がきました。


それは心が温まる「まごころ」です。


ちょっとしたことに気をかけてくださって、お客様の不安を何とか取り除こうとしてくれた運転手さんに
「まごころ」を感じました。



私の「福」は「まごころ」という言葉で始まり「ありがとう」という言葉で伝えることができました。


皆さんにとっての「福」はどんな形で始まり、どんな形で伝えることができるでしょうか?

そして身近にいるわんこにゃんこたちにも、その「福」を分けてあげてくださいね。
by sutenaidedotwan  at 14:10 |  未分類 |   |   |  page top ↑

獣医さんのひとこと

今日は、明日から大雪だとか・・・。
久しぶりの雪かきですが、肩こりが・・腰痛が・・腕が・・気も重くなりますね。


昨日4番目の女の仔(メス)が、最後の手術を終えました。
病名は乳腺腫瘍です。
前回(12月初め)の手術で下半分を摘出し、今回は上(胸)を摘出しました。
腫瘍はすべて切り取ったんですが、乳腺だけが一部残りました。

私も初めて知ったのですが、乳腺が残っていると乳首に限らず乳腺上に腫瘍ができるんですね。

今後腫瘍ができたら、次回は全身麻酔ではなく局所麻酔でレーザー治療をすることになりました。
それで患部を焼くということです。
そのほうが高齢犬への負担が少なくて済みますね。


とりあえず、無事に終わりホッとしています。



術後、院長先生が経過説明をしてくださり、私の質問にしっかりを答えてくださるんですが、
やっぱり先生の一言ってすごい力がありますよね。


今回いろいろな説明の後に私が「もとの生活ができるようになりますよね,治りますか?」といったら
先生は「大丈夫、治します!」ときっぱりおっしゃってくださったんです。

目の前の不安が消え、安堵感でほっとしました。

獣医さんの一言って大きいですよね。

確かに今回は無事にすみましたが、いつもこのような言葉が出るとは限りません。
患者さんの不安な気持ちをある程度察して、真摯な対応をしてくれると、
どんな結果でも受け止める覚悟ができるかもしれませんね。


たとえ今後腫瘍ができても早期発見で治療してもらえればいいんですから。
(実は今回思っていた以上に胸の皮膚が薄かったので難儀したんです)


あとは病理結果が気になりますが・・。
前回の下半分は良性でしたが、胸のほうはわかりません。
どちらにせよ、推定10歳の仔にしては、辛い手術だったと思います。
よく耐え抜いてくれたと思い、彼女には勇気をもらいました。

これから残された犬生を大切に育てていきたいと思っています。

2.jpg




by sutenaidedotwan  at 21:33 |  未分類 |   |   |  page top ↑

フレンチブルドックとペキニーズ

こんにちは。


毎晩寝る前に、今夜は積もるかなぁ、明日は雪かきしなきゃいけないかなぁと思いながらな寝床につくんです。
最近雪が少なくて楽なんですが、いきなり降りだすと感覚が鈍ってかえって予想できません。

一昨夜は冷え込みましたよね。
夜のお散歩でクンクンする犬の鼻は冷たくないのだろうかと余計な心配します。



ということで、今日は私のブログをひょんなことから探して読んでくださっているわん友さんからいただいた情報です。


管理センターや保健所に期限切れになって処分が決まった犬をレスキューする方が、全国にいらっしゃいます。


すべての仔に差し伸べられるわけではありません。
収容された犬の数パーセントだけです。

そこで「里親探し」をしていました。


「フレンチブルドック」

この犬種も流行にのり、愛嬌のある顔つきにみなが飛びついたものです。

最近センターに保護される数が増えてきているなぁと感じていました。
気になっていた仔がこのレスキューに保護されていました。

もう飼い主さんは出てこないでしょう。


どうぞ新しい家族が見つかることを願って、私のブログにリンクさせていただきます。


ふがふがれすきゅー



「ペキニーズ」

この仔もセンターに昨年保護されていた仔です。
ペキニーズは珍しいなぁと思っていたんですが、期限切れても迎えに来てもらえず期限切れでした。
心ある方が一時預かりをしてくださっています。
とってもきれいな仔です。
どうぞこの仔を終世可愛がってくださる方をお待ちしています。

ペキニーズ里親募集


この仔たちには、一時預かりの場所がありますがセンターで期限まで収容されること自体飼い主としてあってはならないことなんじゃないでしょうか?


職員さんは必ずこういいます。



飼い主なら、すぐに探すし連絡が警察に入れるはずです。
どうして迎えに来ないのかわかりません。
by sutenaidedotwan  at 19:28 |  未分類 |   |   |  page top ↑

初売り

こんにちは。


お正月も2日から初売りで、デパートは人だかりでした。
今まで何気なく見ていた商品たち。
最近こんな記事を読んでしまったら、目につくものに「心」動かされます。


心を動かされるといっても、わくわくじゃないんです。
手にとると悲しみという「動揺」がこみ上げてきます。


もちろん私だって、毛皮を持っていますし、コートの襟にはウサギのファーがついています。
今となるといいわけですが、それがどのようにして製品化されていたのかを知らなかったときの購入です。


安く手にはいる毛皮の正体がまさかというものだったら・・・。



今その毛皮製品がどんなルートで商品化させるのかを知ると、本当のことなのかと疑ってしまいます。
でもみなさんが何気なく手にしている毛皮がどんな状況で製品化されたのかを知ると、これからは安易には毛皮をまとうことができなくなります。
私はショックを受けました。


私が昨年スコットランドのヤッコさんを招いてお話し会をした事覚えていらっしゃいますか?
彼女のブログに載っていました。
もしお時間がある方はぜひ読んでみてください。

「一ダースの子犬から作る」という記事です。(日付12月29日)



弥生、スコットランドはエジンバラ発




人間はどこまでも貪欲なんですね。
ベジタリアンにはなれませんが、必要以上に動物の犠牲はもうやめたらいいのではないのかと思います。



食用のお肉にしても、スーパーには並び過ぎのような気もしますが・・・。
マグロだって、毎日たべるわけでもなし。
食べ残しをやめて、必要な分だけの肉魚を食べるだけでも随分と世界の食糧危機から免れるような気もしますが・・・。
by sutenaidedotwan  at 19:11 |  未分類 |   |   |  page top ↑

今年もよろしくお願いいたします

こんにちは。


新年に入ってもう5日目になってしまいました。
皆様ゆっくりとお正月をすごされましたか? 

今日は我が家のわんこ達と猫を紹介します。


初めに我が家の家族になったのは白ネコです。
彼女は日本猫とペルシャのミックスです。023.jpg
とっても臆病で気位が高い(?)ねこなんです。
どちらかというと、静かに一人で佇むのが好きです。
今年18歳です。

次に家族になったのは黒ネコです。
彼女は新聞で「子猫差し上げます」というのを見た息子が連れてきました。
PA0_0844.jpg
日本ねこなので、とっても人なつっこいです。今年で7歳です。
性格は甘えっこです。
猫が寝息を立ててお布団の枕に頭を載せて寝るなんて初めて知ったのもこの仔です。
犬が来るまで私の腕枕ですやすや寝ていたんです。

次は犬です。
彼は6ヶ月すぎ、ショップで売れ残り安売りしているところを息子が私に黙って買ってきた仔です。
この運動をしていたらきっとショップへは足を運ばないように話をしていたかもしれません。
でもそうであれば、この仔は今頃どうなっていたのかと思ったらちょっと複雑な思いです。
029.jpg
彼は今年で5歳になります。
おとなしく年よりも落ち着いた仔です。
どんな犬が来ても動じません。
場を読んで、静かに退散したり離れたりと実に悟った犬なんですよ。

次も犬です。
彼はドッグカフェに行ったときに、たまたま個人の方が子犬を連れていらして、店長さんに勧められたのもあったんですが、ひとめぼれです。
個人の方もとてもいい方でしたから、子犬からの購入は初めてでいろいろと相談に乗ってくださってとても助かりました。
もちろん彼の母親父親の生活もしっかり見ることができ、ある意味安心して家族に迎えることができました。
003.jpg
彼を家族に迎えてすぐに元親さんから「去勢をする」という条件を告げられました。
これはとてもいいことでした。
黒シュナは珍しいので、もしかしたら交配の話が出ればこの運動をしていなければ私も分からず子犬が見たいと思っていたかもしれません。
そう思うと元飼い主さんには本当に感謝です。
おてんばですが、今は犬の中でボス的存在です。
犬社会の統制を上手に取ってくれる頼れる犬になりました。
今年で3歳です。

次も犬です。
この仔は「しっぽの会」からきました。
実はこの仔を家族に迎えるにあたって、前日に札幌管理センターに保護されていた同じダックスの仔がとても気になっていました。
一度その仔を引き取る予定でしたが、センターの獣医さんにやんわりと決心を揺らがされ帰宅。
そのこともあり「しっぽの会」のHPを覗いたら、ダックスがいたので、とても気になって見に行きました。
彼は私を見るなりべったりと寄り添って来てくれたんです。
007.jpg
彼は甘えっこですが、とても感情豊かな仔です。
臆病なので、吠えますが無駄ななが吠えはしません。
がりがりにやせていて、しっぽに数か所骨折のあとがありました。
最初は尻尾も綿菓子のように丸くなっていたんですが、今はすっかり立派な孔雀のようなしっぽになっています。
今年で推定7歳です。


次も犬です。
彼女は公園で放棄されていました。
札幌管理センターに迷子として収容され、引き出す翌日処分が決定していた仔です。
以前の記事に載せていますが、繁殖犬だったようです。
乳腺腫瘍を6個以上持っていて、両目は白内障で今光以外は見えません。
引き出してくださった保護主さんのもとでしばらく里親募集をかけていましたが、急きょ体重が減り嘔吐下痢で試験開腹をすることに。
体重も一日ごとに100グラム減退という状況です。
手術中に安楽死を選ぶ可能性もあり、九死に一生を得た仔です。
その後治療費のこともあり私が引き取って家族に迎えました。
024.jpg
彼女は下の犬歯以外は抜歯しました。
昨年乳腺腫瘍を半分摘出と子宮卵巣摘出を済ませ、今月には残りの乳腺腫瘍を摘出します。
3ヶ月に3度の手術をしなければいけない仔ですが、獣医さんが「この仔はまだ生きれる」という言葉を信じて決行しました。
現在半分は残っていますが、日々元気になっています。
来週中には残りの摘出手術をします。
すべての摘出手術が終わったら、ようやくゆっくり落ち着いた生活が待っています。
あと一回頑張ってもらいたいですね。
今年で推定11歳です。



そんな大家族の我が家です。


新年早々長々と読んでくださりありがとうございます。



これからもこの仔たちとにぎやかに楽しい時間を過ごしていきたいと思っています。

皆様のわんこにゃんこもこの一年素晴らしい年でありますように願っております。












by sutenaidedotwan  at 19:05 |  未分類 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。