空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ぎっくり腰

こんにちは。


毎朝犬とのお散歩に出かけて、おしっこうんちの片づけをするんですが、
その時に時々頭をよぎるのが、以前起こした「ぎっくり腰」です。

PA0_0856.jpg


二年前、我が家にいる猫のトイレを片付けているときに、いきなり腰に電気が走ったような激痛が・・・。

これって、もしかしたらぎっくり腰?

もう痛くて痛くて、体制が戻せない!!

とにかくその場から這って這って何とか電話口までいきました。

子どもたちに、「私はもう死ぬかもしれないわ~~誰か来てちょうだい!!」と叫んでみたものも、
子どもたちは我が家から数時間の離れたところにいます。

仕方ないので、親戚に連絡してきてもらいました。

まだわんこ達のお散歩が終わっていなかったので、わんこ達のトイレが心配でとりあえず、わんこのお散歩をしてもらい、一安心したんです。

皆さん、自分がいざというときのために何かしてますか?

やっぱり誰かたよれる人がそばにいるって大切なことですね。

もちろん健康第一ですが、ぎっくり腰は突然くるんですよね。

今は犬猫のウンチを拾うとき気をつけて拾っています。


PA0_0840.jpg

スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 09:19 |  未分類 |   |   |  page top ↑

悩み事パート2

こんにちは。

犬が風邪引くなんて思っていませんでした。
でも引くんですね。
うちの犬が今夏風邪にかかっています。
症状は咳こみます。
熱もでます。
咳こみが激しいので、病院へ行き診察してもらい投薬してもらい、今安静状態です。
最近の犬は人並みに風邪引くということを初めて知りました。
今年の夏風邪は咳の風邪らしいです。



悩み事パート2なんですが、新人犬は我が家に来てから環境に慣れるまであっという間だったとお話しましたよね。
無駄吠えもせず、下痢もなく、熱を出すわけでも、先住犬との仲もとてもよく(もちろん遊びにはなかなか交わることができません)一緒に寄り添って寝ることさえある、仲良し3わんこずなんです。

我が家に連れて来て心配していた先住犬との仲もそこそこうまくいって、あとは先住ねことのことが頭をよぎりました。
2匹のうち黒ネコは日本猫で怖いもの知らずです。
犬にお尻の匂いを嗅がれても平気なので、家じゅう堂々と歩いています。
もう一匹の白ネコは私以外寄り付かない気難しい性格の猫です。
でもおとなしいのでいるかいないか分からないくらいひっそりと生きている猫です。


新人犬が我が家にやってきて、2か月たったある日から、いきなり新人犬が白ネコを意識し始めたんです。
それがどんどんエスカレートしていき、最後はまるで、盛りのついた猫のようになってしまいました。
新人犬はオスで虚勢済み推定6さいです。
シロねこはメスで避妊済しかも17歳です。

犬が猫に夢中だわ~~と最初は問題にしていなかったんです。
でも日に日にその興奮がひどくなってしまい、最後は吠えまくってうるさいくらいになってしまいました。

そこで、この記事を問題行動ってなに?を読んで、ハッと思ったんです。

これって、「問題行動なの?」。

みなさんがいつも接している犬との悩み事を、人に話したり本を読んだりしてなんとか解決しようと思っていませんか?
私も以前なら、「うちのわんこ、こうなんだけれどどう思う?」って聞いていたと思うのです。
しかも問題行動って、よっぽど病院に行って診察して投薬してもらわないといけない重病患者なんだと思っていたんですが、そうじゃないんですね。
その犬が持っているその犬だけの行動が飼い主さんにとって、?であれば問題行動の一つなんだと思うんです。

それで、我が家の新人犬の異常なまでの猫への執着心がどこから来るもので、どうやると解決するのかという方法を教えていただきました。


解決策は見つかりますが、その方法が即効するかどうかはわかりません。




しかし私は新人犬を観察し「信頼関係」を結ぶべく努力もして来ているので、解決方法がわかったら、意外と新人犬は叱ることもなく治り始めました。
もちろん、まだしっかりとして「信頼関係」を構築したわけではないので、今も観察して頑張っていますよ。
というのは、またいつどんな問題行動が発覚するかわからないので・・。


日頃からの接し方や犬が持っているシグナルをしっかり観察することで、叱ることなく怒鳴ることなく解決することがあります。


そして私がこの新人犬の問題行動で学んだことは、犬と一緒に生活するということは「犬とかかわる時間」がとても必要だということです。

解決策は見つかりますが、その方法で解決するかというと多分普通は時間がかかります。
でも私は幸いに「おしゃべりワンコの物思い」を読み続けていましたから、そこで学んだことも大きな要素なんだと思います。
だって、原因は私と新人犬の関係にあったんですから。
彼は私の気を引こうとしてあんな行動を取ったんだと思います。
問題の奥に流れている原因を読み取るのも、解決策の糸口になりますね。
糸口がわかると、普段からの関係が大きなカギになるんです。
今新人犬は私との関係を信じ始めてくれてます。
うれしいかぎりですね。
これを大事に維持していかなければと想っています。
by sutenaidedotwan  at 19:05 |  未分類 |   |   |  page top ↑

悩み事

こんにちは。

急に肌寒い日が続いております。
体調崩さないように、気をつけなければいけませんね。


久しぶりの更新です。

この数日いろいろなことがありました。
もちろん我が家に関することです。


我が家には二匹の猫と3匹の犬がいます。
そのうち一匹は5月にシェルターから迎えた犬です。

その仔が我が家の先住犬になれるまでに、かなり時間がかかると思って覚悟していましたが、
思った以上にすんなりと仲間入りをしました。

新人犬はトイレシート派。
先住犬は外派。
初めての体験で、思わずその便利さに先住犬も見習ってもらいたいくらいでしたが、それがなかなか「外が気持ちいい~~~~~」のか全く学習しません。

その新人犬もしばらくすると、ある問題が・・。
それはお散歩をしない。

まったく外を歩こうとしないんです。

カラーリードをつけることにあまり抵抗はないんですが、庭に放したりドッグランに行けば走り回るんですが、普通のお散歩はしないんです。

さてさてどうしたものやら。

先住犬とのお散歩を楽しみにしていた私は新人犬のトレーニングを始めることにしました。

そこで頼んだのが、このブログでもご紹介いたしました、菊池先生 です。

菊池先生が我が家に来て、まず基本的なトレーニングを始めました。
つまり3わんこと飼い主との「信頼関係」を構築するためのスタートです。



実際に会って、わんこ達の現状を把握していただくのですが、私が考えいていた犬の位置関係と実際の犬同士の位置関係が違っていたことに気づき、そこからトレーニング開始です。

トレーニングが進むにつれ、数週間後、新人犬との何度にもわたるお散歩トレーニングが少しずつ進歩していきました。

そのうちに、新人犬がお散歩をするようになったのです。

何が変わったかというと、新人犬が変わる以上に、私自身の「自信」がついたのかもしれません。
犬の気持ちを一生懸命観察する大切さや、犬の気持ちを受け入れようとする気持ちがどんどん増してきました。

その結果今は新人犬もスタスタと歩くようになりました。

まぁ完璧とは言えませんが、時々道路にふさぎこみます(汗)(もう歩きたくないよ~~と甘えます)
それでもちょっと誘導するとまたすたすたと、そして今は「お家に帰ろう!」というと一目散に我が家に向かうようになりました。

その時は本当に飼い主として、犬として 本能を一つ引き出した という喜びでいっぱいでした。
もうひとつ、おしっこうんぴを思いっきり外でもするようになりました。
もちろんトイレシートにもしますから、外に行けないときはとっても便利です。

トレーニングをするということは、決して「芸」を教えることでも、犬との生活が飼い主本意に便利になることではありません。

かえってトレーニングをするということは、飼い主と犬との接する時間の制約があって不便を感じることもあります。
おやつを用意して、太るんじゃないかという心配もあります。
ご褒美欲しさにしか、いうことを聞かないんじゃないかという不安もあります。
お金がかかる、時間がかかるという問題もあります。

正直私もその不安と問題があって、いままでトレーニングに取り組むことを拒んでいました。
本で見たらできるわよ、わん友さんに悩みを聞いたら解決するわよ・・・。

そんなことを考えて、随分経ちました。

そこで私はあるブログをきっかけに犬と「信頼関係」を結びたいと思い始めました。

そのきっかけは、ここでもご紹介しています「おしゃべりワンコの物思い」なんです。
でも彼女はオーストリア、とても彼女から習うことができません。

ずっと彼女のような犬の気持ちがわかる先生を探していました。

そうこうしているうちに、あるイベントで、菊池先生のミニ講習を聴きにいきました。
そこで菊池先生に我が家の3わんこのことを頼んで一緒に勉強すれば、もしかすると
犬との「信頼関係」の糸口が見つかると思ったのです。

初めて1か月半ですが、まだまだはっきりとした「信頼関係」が構築されたわけではありません。
でも少なくとも犬の気持ちを読み取ろうという私の気持ちが大きく動いたことは間違いありません。

そしてそれが一番大切な犬との信頼関係のスタートと思っていることに自信もつきました。


今は新人犬との新たな悩みができました。


次回はこのことをお話します。



菊池先生のブログ

ワン・ニャンは楽しい!
by sutenaidedotwan  at 07:02 |  未分類 |   |   |  page top ↑

独り言

こんにちは。


朝晩冷え込んできましたね。
今年は残暑も厳しく・・・という日が来るのかしら?と思っています。
ワンコのお散歩にはちょうどいい気温ですが・・。


最近私のところには迷子犬の情報が多く入ってきます。
お陰さまで無事に飼い主様のもとへ帰られる仔が多いのでうれしいんですが、
中には一か月以上も放浪していて、がりがりになって見つかったという報告もあります。
また、繁殖用に別の土地に来たばかりの犬が迷子になって、一か月以上も行方不明というかわいそうな現実もあります。

またようやく新しい飼い主さんが決まった保護犬が、動物病院に行った際、
子供の声に驚いて行方不明で迷子になった仔もいます。

また迷子の仔を数日保護して里親を探そうとしていた矢先、飼い主さんが警察に連絡してくれてお家に無事帰ったといううれしい話もあります。

このブログでも数匹の迷子犬の捜索をお手伝いしましたが、みな無事にお家に帰りました。


今一匹気がかりな迷子犬は、阿寒のキャンプ場で迷子になったしば犬です。
札幌センターの保護されている柴犬によく似ていたので、その仔かと思い情報を流しました。
しかし結果は間違いでした。
飼い主さんはいまだ必死に探しています。
釧路方面で見かけた方がいるという情報が入っていますが、確かではありません。
数日間も山の中にいるのか、国道にでてきているのか、保護されているのかすらわかりません。


こうやって迷子犬は、心細い思いを何日も過ごします。

たとえ、道内の保健所、管理センターに保護収容されていても、この仔たちには「いのち」の保障がありません。


どうか迷子になる前に、飼い主さんは首輪に迷子札あるいはマイクロチップ装着もお考えください。

そして何より、迷子にさせないよう

しっかり犬から目を離さないでほしいと思います。
管理センターに収容される犬の9割は人間が飼っていた犬ばかりです。
この仔たちがいなくなるということは、飼い主がしっかり管理しているということです。

それだけで、年間十数万のガス処分の犬は確実に半分以下に減ります。

どうか、犬が迷子になったら飼い主は彼らの代弁者となって、最後まであきらめないで探して下さい。

札幌管理センター。
011-736-6134
札幌福移支所。
011-791-1811


札幌管理センター収容犬
7匹の犬が飼い主の迎えを待っています。
ミニチュアダックス2匹。
シェルティー1匹。
雑種2匹。
フレンチブルドック1匹。
しば犬1匹。

自治体の保護犬ねこ情報
全国の保健所にいる犬猫情報です。

北海道警察拾得物情報
犬猫小動物は警察に届けると、拾得物扱いされます。
by sutenaidedotwan  at 21:30 |  未分類 |   |   |  page top ↑

ご報告

こんにちは。


毎日オリンピック観戦ですか?
それとも高校野球の決勝戦でテレビに釘づけでしたか?
オリンピックの星野JAPANでは、はらはらどきどきだったのではないでしょうか?
私は寝てました・・・。すみません。



今月に行われた、わんこ☆にゃんこライフのフリマの寄付金を無事に送金いたしましたら、
このようなかわいいお礼状が届きました。


PA0_0788.jpg
PA0_0789.jpg


皆様のご協力と応援があったからこその収益です。
改めてありがとうございました。







by sutenaidedotwan  at 12:14 |  未分類 |   |   |  page top ↑

迷子のシェルティーちゃん見つかりました!!

こんにちは。

今わん友さんから、情報が入り、迷子のシェルティーちゃん無事お家に帰りました。

本当によかったですね。


かなり日数がたっていましたから、心配でした。


でも無事に見つかってよかったです。


いろいろとご心配して下さったり、気にかけてくださったり、ブログを見て声をかけてくださった皆様、本当にありがとうございました。


飼い主様に代わってお礼を述べたいと思います。

本当にありがとがとうございました。



チャーリーちゃん、もう二度と家族とはぐれないようにね。

また飼い主さんも、お気を付け下さいませ。
目を離さぬようお願いいたします。



そして私たちも、絶対大丈夫!!なんてありえませんから、気をつけましょうね!!

でも何かあったら皆さんで協力し合って助けましょう!!!


まずはよかったです。
by sutenaidedotwan  at 15:51 |  未分類 |   |   |  page top ↑

ペット行動カウンセラー

こんにちは。

お盆休みも終わり、皆さんお家に戻られたでしょうか?
オリンピックも女子マラソン、残念でしたね。
それでもいろいろな競技で日本勢かなり頑張っています。
最後まで応援しています。

私の住んでいる札幌には、なかなかペット行動カウンセラーの先生がおりません。
今回、我が家の犬たちもお世話になっている、先生がブログを開設してくださいました。

是非皆様にも、ご覧になっていただきたいと思いご紹介したします。


菊池三恵先生です。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、簡単にプロフィールをご紹介いたします。

菊池三恵先生。

ペット行動カウンセラー
英国の動物病院や動物愛護団体で問題行動の治療と犬のトレーニングを行う。
札幌帰国後、各動物病院での飼い主に向けてトレーニング教室や執筆活動と専門学校での講義も行っている。


先生のお家にはイギリスから一緒にやってきた、幸太郎君という8歳のジャックラッセル(オス)がいます。

DSCN1798.jpg

時々彼のお話もブログに載ると思います。
きっと楽しいお話や飼い主さんにとって役立つお話もこれから書かれていくでしょう。

是非お気に入りに入れて、ご覧ください。



菊池先生のブログです。
先生のプロフィール詳細はこちらに書いてあります。

ワン・にゃんは楽しい
by sutenaidedotwan  at 17:14 |  未分類 |   |   |  page top ↑

スウェーデンの子犬入手情報

こんにちは。


お盆休み、ゆっくりしていますか?
私はわんこの調子が悪いので、病院通いです。
お盆休みの時って、どこの病院も御休みですが、石山通りにある病院はあいています。
かかりつけの病院がお休みの時は、前日まで診察を頼んで、大事をとるようにします。
急変の時は、もう一つの病院へ。
やはり二つ以上かかりつけの病院があったほうがいいかもしれませんね。


ということで、今回は病院のお話ではなく、仔犬を家族に迎えるとき
具体的にどんな感じなのか、わん友さんのブログに載っていたのでご紹介です。

スウェーデンでのお話です。

仔犬の入手方法スウェーデンの場合はペットショップで犬を売ってはいけないことになっており、ブリーダーさんを通して買うことになります。

スウェーデンのケンネルクラブに登録しているちゃんとしたブリーダーさんから買う場合、生後8週間以降に引き渡し、それまでにワクチンやマイクロチップの挿入などをブリーダーが済ませておく、ということが決まってます。
というわけで、引越しが落ち着いた時点で、そろそろ仔犬が生まれるというブリーダーさんがどこかにいないか情報収集。
年末年始には日本に帰るから、引き渡しはそのあとがいい、ということは12月初め以降に生まれる仔犬・・・と逆算して探していたら、運良くいくつか見つかりました!
その中でウェブサイトなどを見る限りかなりしっかりしてそうだったところに電話。

とくにちゃんとしたブリーダーさんの場合、こっちが仔犬が欲しいと言ったからといって自動的に売ってくれるわけではなく、どんな家に住んでいるか、どのくらい家を留守にするのか、子どもはいるか、いるなら何歳か、旅行のときはどうするつもりなのか、飼い主としての自覚があるか、などなどを審査、というと大げさだけど、そのあたりがちゃんとしてない人には売ってくれないこともあります。

電話で話したときも、わたしたちの職業(つまりどのくらい家を留守にするか)、家の面積、庭の面積、趣味、ライフスタイル、などなどけっこう聞かれました。
とはいえ、そのくらい聞いてくれて、良くないと思うなら良くないとはっきり言ってくれるブリーダーさんのほうが安心だし、そういう人にお願いしたかったので、逆に信頼感が増し、実際に会ってみることになりました。

そんなわけで今日出向いたわけ。←前置き長かったですね・・・

結論から言うと、ブリーダーさんにも「ぜひ!」と言ってもらえて、12月3日生まれの仔犬ちゃんを1月末にゆずってもらえることになりました!!

現在、生後1週間。同時に生まれたのは雄1匹、雌3匹。ベッドをのぞかせてもらったけど、ひたすら寝てました(笑) ねずみ犬っていうか、むしろねずみみたいでした(爆)。
とはいえ、どの仔犬ちゃんになるのかは、今日の時点では分からないんです。これから数週間育てていく中で、どの子がわたしたちに合っているか見極めたい、ということなので・・・。ただ、雄はすでに欲しがっている人がいるそうなので、うちに来るのが雌になることはまちがいなさそうです。

というわけで生まれたばかりの仔犬ちゃんはそっとしておいたけど、代わりにそのお母さんや伯母さん、イトコたちと会わせてもらってきました! 
文章長くなっちゃったので、これから写真をお楽しみくださいませ(笑)


b0093855_6422161.jpg

伯母さんのフリーサちゃん。6週間前に出産したばかりで、現在子育て真っ最中。人なつっこく、すぐ膝にのってきた。とても穏やかで感じの良い子です。



b0093855_795679.jpg

これがお母さんのスムーランちゃん。うちの子も将来こんなに可愛くなっちゃうのかしら・・・←ってすでに来る前から親ばかだよ?


b0093855_7104539.jpg

イトコ(フリーサちゃんの息子)。とにかくやんちゃでかわいかった!!! うちに来る予定の子は、これよりもっと黒っぽい色になると思います。



b0093855_7121068.jpg

遊ぶ遊ぶイトコたち。



b0093855_7123370.jpg

で、疲れてぱたんと寝ちゃった・・・

ブリーダーさんもとても感じの良い人でよかったです。ブリーダーさんとの関係がよいと、仔犬を引き取ってからもいろいろ相談にのってもらえるし、ママや兄弟やイトコに会ったりすることもできるし。この出会いにも感謝!!

というわけで1月末がいまから楽しみです。

*************************************************************

皆さん、仔犬を迎えるということがこれだけのエネルギーを要するということ。
時間と環境設備、何より飼い主の覚悟が試される審査を通ってから、ようやく
家族として迎え入れられるなんて、まさに「命」の尊重を実感しますね。


日本は安易に入手できますが、だからといって彼らの「いのち」を粗末にはできません。
しっかりと守りぬきましょう!!


この仔は無事に新しい家族のもとへ行き、今はとっても幸せに生活しています。

文/写真提供。スウェーデン在住Furrawnさま
by sutenaidedotwan  at 07:06 |  未分類 |   |   |  page top ↑

わぁ~~あの仔もこの仔もいるわ~

こんにちは。


わんこ☆にゃんこライフのフリマーと同じ日に、しっぽの会さんは『恵庭えこりん村』でのイベントに参加しておりました。

その報告が、このたびの新着記事にのっていました。

恵庭えこりん村のイベント



あ!!あの仔だわ~~。

あ!!この仔も・・・。

あ!!大きくなったぁ~~。

と数名のしっぽの会卒業犬が来ていました。


みんなあの時の写真以上に「生き生き」していましたし、安心しきったお顔しています。


覗いてみてください。


by sutenaidedotwan  at 05:47 |  未分類 |   |   |  page top ↑

へちま君、新しい家族のもとへ

こんにちは。

突然なんですが、へちま君は、新しい家族のもとへ行きました。

一時預かりをなさっている方のご近所に、一目ぼれされ家族として迎えられたそうです。


本当によかったですね。


まだまだたくさんの仔がいます。
是非これから犬と生活を考えていらっしゃる方は、センターやしっぽの会の方も
いらしてください。

でも犬ねこを迎えるにあたって、家族の同意、環境、経済的なこと、時間、いろいろなことをお考えの上、しっかり最後まで飼育するという覚悟で迎えてくださいね。


へちまくん。
新しい生活を、存分に楽しんで幸せになってね。
おめでとう!!


しっぽの会

管理センター収容状況


犬を迎えるための、大切なことが書かれています。
さっぽろワンLifeさん
これから犬を飼おうと思う方へ

by sutenaidedotwan  at 18:26 |  未分類 |   |   |  page top ↑

シェルティーちゃん、どににいるの?

こんにちは。


みなさん、お盆休みni突入なさった方もいらっしゃると思いますが、
目的地に無事到着なされましたか?

ところで、9日に札幌北区方面で、迷子犬がいます。
是非そちら付近にお住まいの方、またはお盆で帰省なさっていらっしゃる方で
このわんちゃんを見かけたらご連絡ください。



photo.jpg





種:シェルティ 

毛色:セーブルーマール(白・うす茶・に黒の斑点少々) 
コールネーム:チャーリーちゃん 
年齢性別:9才女の子(避妊手術済み) 
特徴:赤い首輪、名札なし、ブルーアイ、大人しく人懐っこい 
失踪日時:8月9日(土曜日)夕方4時過ぎ~ 
失踪場所:北区屯田7条1丁目 
今までの目撃情報:9日夜、横新道を東方向へ、 
踏み切りを越えて畑に通じる道を渡る姿を目撃 
かなり広い範囲を移動している可能性有り・・・ 

 
石狩シェルティー倶楽部
↑こちらの掲示板で情報を受け付けています。
是非見かけた方はご連絡くださいませ。



今時期、花火の音出飛び出したり、帰省で一緒に行動を共にする時、犬のリードはしっかり握っていることをお忘れなく。
首輪には迷子札を・・・。




チャーリーちゃん、早く見つかること願っています。
by sutenaidedotwan  at 06:06 |  未分類 |   |   |  page top ↑

ひまわり「母子犬」

こんにちは。


今あるところからの情報ですが、明日「世界仰天ニュース」という番組で、
ひまわり「母子犬」の話がでるということです。


9月にスペシャルで放送すると思っていたのですが・・・。
もしかすると短い紹介でもするのかもしれませんね。

間違っていたらごめんなさい。

よろしければご覧ください。

やはり間違いでした。
明日の放送は、「極悪少年と犬が起こした奇跡」でした。

詳細はザ!世界仰天ニュースをクリックしてください。

放送内容です。
予告内容


どんな奇跡なのでしょう。


ひまわり母子犬はたぶん9月のスペシャルです。
本当はこの時間だったらしいんですが、収録が長くなったのでスペシャルということになって、かなりの時間放送されるそうですよ。
放送日がわかったらお知らせしますねというお話でしたから・・・。

改めて訂正いたします。
お騒がせいたしました。
by sutenaidedotwan  at 15:38 |  未分類 |   |   |  page top ↑

犬事情

こんにちは。

お盆休みで皆様、故郷に帰省でしょうか?
帰省ラッシュにぶつからないといいですが、最近はガソリン高騰で、
自家用車での帰省より、公共交通を利用される方が増えたらしいですね。
そのほうが安心ですね。


そんな時期、ゆっくりPCの前に座って時間がとれたなら、こんなブログを覗いててみてください。


ご自分のそばにいる犬が、どこの国が原産国なのか、こんな島にもシェルターが、へぇ~こんなショードッグが、、ニホの旅も面白い!いろいろ楽しい知識が増えますよ。

世界の犬事情


いつも拝見しているわんこブログです。
日本とウィーンとの犬事情の違いをわかりやすくおしゃべりしてくれてます。
また飼い主さんが、どうやって犬と接すると、わんこにやさしい生活環境が生まれるのかもおしゃべりしてくれています。

おしゃべりワンコの物思い

このブログは札幌でも有名じゃないでしょうか?
私もこのブログにお邪魔して、とても勉強になりました。
いろいろな情報が詰まっています。


さっぽろワンlife


お時間があるとき、ぜひ読んでみてください。


しつこいようですが、今札幌管理センターの放棄犬期限切れ犬情報も見てください。
出来ること(しっぽの会HPより)
この情報は、行政のHPでは見られないと思います。
しっぽの会のスタッフさんと、行政で「いのち」を尊重するために「できること」を始めたから実現しました。
昨年まではこのような放棄犬、引き取り犬はこの世に情報として流されることがなかったのです。
それだけでも一歩前進なんですよね。
by sutenaidedotwan  at 11:04 |  独り言 |   |   |  page top ↑

迷子時のときに

こんにちは。

今回迷子犬の件で、たくさんの方からいろいろな情報をいただきました。


もしご自分の犬が迷子になられた時に、こんなことをまずしてみてください。
1・警察に連絡
2.地元の動物管理センターあるいは保健所に連絡
3・迷子付近に、チラシを配布
4・ラジオ局に依頼
5・地元新聞に掲載
6・タクシーでの無線で協力
7・地元のスーパーへチラシを貼ってもらう
8・回覧板の利用
9.周りの動物病院へ連絡、チラシを貼ってもらう

これだけのアドバイスをいただきました。

いずれも、以前迷子犬で苦労をなさった方からの情報でした。

また、犬猫保護された場合も、警察に届けを出されると早く飼い主さんが見つかると思います。
大事にされている犬猫は、飼い主さんも必死で探しておりますので、
必ず警察、保健所、管理センターへは迷子届をだされています。



かくいう私も・・・
数年前、猫(避妊済)がいなくなったとき、1/2/3/7/8はしました。
結果は家の物置の下にいました。
でもあの時は必死でしたね。
原因は、玄関を開けっぱなしでおしゃべりをしていた私のせいです。(汗)
あれ以来、私は猫の動向を監視していますし、出したことはありません。
8の「回覧板をまわす」の了解をもらった後に、見つかりました。



飼い主さんは、大事な犬猫が迷子になると自分の不注意が原因であることを十分に知りながら、自分を責めながら、犬猫が見つかるまで毎日を過ごします。
私も経験がありますから、その心労は大変なものだと思います。
しかし、こうやってたくさんの方が、わが事のように心配してくださいます。
そして、いろいろな情報をくださって、見つかるまで迷子の犬猫のことを心配してくれます。
私は、今回何が嬉しかったかと言うと、見つかったことはもちろん、あらためて、皆様の連絡網の広さと絆の強さです。
ですから、何かあったら、ご近所の皆様、お仲間に連絡して助けていただきましょう。
きっと早い解決が待っていることでしょうから・・。


でもご自分の犬猫の管理はしっかりとしてくださいね。


私も監督しっかりします.


by sutenaidedotwan  at 06:36 |  未分類 |   |   |  page top ↑

迷子犬


りんちゃん、みつかりました~


お陰さまで、見つかりました。

迷子になった付近にチラシを配ったら、保護してくださった方から連絡が入りました。
ワンちゃんも元気で、今は飼い主さんのところにいます。

本当によかったですね。

皆様も、しっかり犬の管理お願いしますね。

迷子札はもちろんチップ挿入も考えられたらいかがですか?

ご協力ありがとうございました。


by sutenaidedotwan  at 17:07 |  未分類 |   |   |  page top ↑

命のかけはし 宮崎県

こんにちは

毎日暑い日が続いていますね。
お散歩も早朝か夕方になってしまいますね。


今日は皆様もよくご存じの「みやざき動物のいのちを守る会」のお話です。

私もいつもブログを覗いています。
6月のある日、こんな記事が載っていました。

「命の架け橋」

宮崎県は、動物愛護管理センターというものが、設置されていないようですね。
一応あるんですが、古い建物で、床はコンクリート、仕切りは鉄の柵で、冬は冷たい風は吹きさらしで劣悪な環境です。
かなり設備も古いセンターのようです。

その中で、毎日のように様子を見に行く「みやざき動物のいのちを守る会」のスタッフの皆様。
この会はあの「ひまわり」の歌で、皆様に知られるようになった方々です。
今回この会を見守り続ける全国の市民のみなさまが、「宮崎県に動物愛護センター設置を求める署名」を募りました。
その結果27000名分の署名が集まり、これをもって東国原知事に嘆願したそうです。
しかし宮崎の財政難から、全面的な協力を得ることができなかったようですが、ソフトな面で解決することをお約束していただいたようです。


それがこの「命の架け橋」事業です。
犬猫の譲渡推進サポートとして、管理所内にプレハブの小屋を立ててもらえることになりました。
しかもその委託を、「みやざき動物のいのちを守る会」が引き受けることになりました。

命の架け橋の詳細

そしてその建物が今月初めに完成しました。


その名前は「ひまわりの家」です。

詳細は命の架け橋「ひまわりの家」をクリックしてください


すごいと思いませんか?
一人の方が始めた「命」を救おうという決断がここまで、大きなうねりとなって、
県民の気持ちまで動かすとは・・・。

私の街でも、たった3名の女性が始めた保護活動「しっぽの会」さんも
本当に懸命に「命」のリレーをつなげています。
皆様の中で、犬猫と一緒に過ごしてみたいと思われる方はぜひこちらの犬猫にも目をやったください。
そして終世大切に家族として迎えてください。



しっぽの会

PAP_0704.jpg
by sutenaidedotwan  at 14:44 |  ひまわり母子犬 |   |   |  page top ↑

ありがとうございました

こんにちは。


今日小雨の中、無事に「わんこ☆にゃんこライフ~すてないで~」の
フリマが終わりました。


10時からのスタートに、ご近所のお客様がさっそくいらしてくださいました。
たくさんあるワンコ服の中から、あれもこれもと試着されお買い上げいただきました。

お店の隅には、ドリンクコーナーもあり、手作りケーキを買われて、ちょっとティータイム
なさっているお客様もいらっしゃいました。


お昼前までは小ぶりの雨も午後から、少し本降りになり、外でのランはいったん中止です。


それでもたくさんのわんこを連れていらしてくださって、にぎやかなフリマでした。


ワンコ仲間の方々のご協力により、たくさんの品物が集まりました。
そのおかげをもって、今回の売り上げは思った以上に集まりました。


この場をお借りして、ご協力してくださったわんこ仲間の皆様、そして場所を提供してくださった
J'S カフェ様にお礼を述べたいと思います。

本当にありがとうございました。


あまりいい写真が撮れませんでしたが、一部載せますのでご覧ください。PA0_0723.jpg
PA0_0721.jpg
PA0_0720.jpg
PA0_0717.jpg
PA0_0718.jpg


今回のフリマの売上はすべて、わんこにゃんこのために保護活動をしている保護団体様に寄付いたします。

収益金 48350円でした。



本当にありがとうございました。



by sutenaidedotwan  at 17:50 |  フリマ |   |   |  page top ↑

フリマの商品

こんにちは。


今日は雨と風がひどかったですね。


今日明日のフリマの商品をセッティングに行ってきました。
その一部をご紹介します。
明日のお天気が気になりますが、ぜひいらしてください。


PA0_0709.jpg
PA0_0710.jpg
PA0_0711.jpg
PA0_0712.jpg
PA0_0714.jpg
このほかにケーキ、わん用おやつ、ドリンクのあります。


これらの商品は、たくさんのわん友さんからの寄付に寄るものです。
本当にありがとうございました。
たくさんの方が足を運ばれて、売り上げに貢献していただきたいです。


その収益金はすべてわんこにゃんこのために保護活動をしていらっしゃる団体へ寄付します。



明日お天気が気になりますが、何とか回復してくれるような気がします。




明日晴れにな~~~れ
by sutenaidedotwan  at 19:27 |  フリマ |   |   |  page top ↑

捨て犬?

こんばんは


今花火の音がバンバンなっています。
今日はどこの花火大会なのかしら?



今日お話することは、幸せになった犬の話です。
でもこんなことはいつもあるわけではありません。

お散歩仲間から聞いた話です。



ある方がいつものお散歩コースを歩いていたら、瀕死の状態の
フレンチブルドックを見つけたそうです。
成犬であるにもかかわらず、体重が4~5キロ以内。
やせ細って、立って家路に帰ろうという気力すらないくらい弱っていました。
彼女は、最近愛犬をなくされて、心さびしく思っていたので
この犬を抱き上げて、まずは病院へ連れていきました。

するとその獣医さんが、この犬を治すには、かなりの治療費がかかりますよ。
もしよろしけれが、管理センターにもっていかれた方がいいのではないでしょうか?
と言ったそうです。


え!!センターに届けたら、この仔を見捨てるということと等しいのでは?
そんなことできません!!!
と彼女は怒りとともに、治療をしてもらうことを決断しました。


それから何日か経ち、あのセンターに行く運命だった仔は、今
すごく元気になって、彼女の家をわがもの顔で歩いているそうです。
先住犬のわんこよりも大きな顔をして、はしゃぎ回っているということです。


この世には、いろいろな「縁」があります。
きっとこの方と巡り合った、フレンチブルドックの仔は、
先ほどなくなったわんこが道しるべになってくれたのでしょうか。


なぜなら、私が毎日通る公園の中で拾われたのですから・・・。
私には縁がなかったのですが、彼女とは糸が結ばれていたのでしょう。


どちらにしても、とっても幸せになったわんこのお話でした。





でもえさも与えず、知らぬ場所へ捨てたとしか思えない行為をする元飼い主の
やり方は、絶対許せないですね。


このような仔たちが、センターへ収容保護されているのが「現実」です。

by sutenaidedotwan  at 20:44 |  捨て犬 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。