空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

はじめに

「すてないで」運動を始めたきっかけは・・・。

2008年1月1日「札幌で迷子犬を保護しました」というタイトルが目に入ったのが始まりです。

今年はとても穏やかな新年の幕開けだと 心なしか退屈していた矢先 PCを開いて見ると この記事が目に入りました。

その日から私なりの「飼い主」探しが始まりました。

何とか彼らの飼い主が見つかるように 友人のブログに記載していただいたり お散歩のたびにネットを持っている方に聞いていただいたりと 札幌管理センターに保護されている期間の間 何とか無事に飼い主の元へ帰ってもらおうと必死でした。


しかし残念なことに 飼い主は現れませんでした。

ただ幸運にも彼らは 温かい家族の下へ引き取られ 安堵したわけです。

でもこのような迷子犬や放置犬 虐待犬等が 毎日のようにセンターに収容される現実も この事件で知りました。

どうして 家族として迎えた彼らを 終生世話せずに手放してしまうのだろう。
どうして かわいがっていたはずの彼らを 放置してしまうのだろう。
どうして 抱きしめたあの時のぬくもりで救われたはずなのに 虐待して傷つけてしまうのだろう。

そんな思いが ふとよぎったのもこの事件がきっかけでした。

そしてなぜ動物管理センターに保護される犬猫があとをたたないのだろうか?

もちろんすべての要因が 飼い主自らが 彼らを「すてた」とは思いたくないのですが。
首輪のついた犬を見るたびに きれいにトリミングされた犬をみるたびに 放置されてやせ細っている犬を見るたびに どう見ても虐待され傷ついている犬を見るたびに 絶対彼らは誰かに飼われていたと思うのです。

ということは・・・・・・。

散歩中の迷子もあるかもしれません。
そんな子達は 飼い主も必死で探しているので迎えに来てくれます。

でも期限が過ぎても迎えに来ない収容犬は 運がよければ譲渡犬にまわされますし 新しい飼い主が迎えに来てくれます。
でもすべての犬たちに こんな幸せな未来がくるわけではありません。

その後は殺処分。

安楽死ではなく 炭酸ガスによるガス処分で苦しみながら死んでいきます。

彼らは決してこんな最後を望んではいないはずです。

家族として迎えられたあの瞬間から 彼らは大切なパートナーとなるべく 飼い主の元で幸せな「未来」を信じていたと思います。

では不幸な彼らを救う手立ては?

答えは一つ

「すてないで」

最後まで彼らの一生を大切に世話してください。
それが犬猫との最初の「やくそく」です。

そうすれば センターに保護される不幸な犬猫たちが激減すると思います。

さらに私はこう考えています。

動物管理センター この施設は動物が保護され殺処分されるための施設ではなく この施設の目的を 動物と人間が幸せに共存共栄するための「ふれあいの場」になるよう変えたいと思っています。

同じ税金なら幸せのために使いたいです。

犬猫を飼うみなさん この「約束」を絶対忘れないでください。

終生大切にするという「やくそく」を・・・。


だから「すてないで」

どんなに彼らが老いていっても 彼らが思うように動かなくても 彼らはもう彼ら自身では生きていけません。

そしてこの「やくそく」が守れないなら 彼らを飼わないでください。
「すてる」よりはましです。

【家族として迎え入れたその瞬間から 私はあなたを最後まで大切にします。

それがあなたとの「やくそく」だから。】

絶対「すてません!!」

だから「すてないで」




スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 19:21 |  はじめに |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。