空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by sutenaidedotwan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

今ある「いのち」

こんにちは。

今日はこちらは午後から土砂降りの雨です。
九州から東北地方は、猛暑日だったとか。
暑すぎるのは、やっぱり苦手ですね。
ワンコも少し涼しいくらいが、一番動きやすいです。
雨が降らなければ、最高にいい一日でしたが・・・。
             *******************

最近あることが気になって、調べていたらこんなブログに出会いました。
その中の記事を一部抜粋します。

①【ロサンゼルス15日時事】米ロサンゼルス市議会はこのほど、生後4カ月目までにペットの犬や猫の不妊あるいは去勢手術をするよう飼い主に義務付ける条例案を可決した。同様の条例は小規模自治体では導入例があるが、約400万人の人口を抱えるロスのような大都市での施行は米国内で初めてとなる。
 米メディアによると、条例案を提出したアラルコン市議は「毎年数万匹の(捨てられた)動物が収容所で処分されている。不妊義務化でその数を減らすことにより、ロスは人道的な街になれる」と主張。ペット愛好家は「ペット繁殖の権利が奪われる」「早い時期の手術はペットの健康を害する」と反対したが、条例は賛成多数で可決された。
2月16日7時0分配信 時事通信



日本では、「去勢避妊」の話になると、二の足を踏む人が多い中、州の条例で決められると飼い主は去勢避妊の義務が課せられるので生後4ヶ月までに、施行しなければいけません。
まぁ4ヶ月というとかなり早いんですが、きっとアメリカでも子犬譲渡があるのかもしれませんね。
でも繁殖制限ができるわけですから、いいと思います。

私が驚いたのは、アメリカでも毎年数万匹の犬が捨てられる事実があることです。

それは悲しい事実ですが、アメリカのいいところは、こうやって着実に不幸になる犬を減らす法律を作ることですね。
日本もそういうところは見習いたいです。

②もう一つ私がよくお邪魔しているブログです。
【オーストリアのお話です】

マイクロチップが生後3か月から装着義務化になったということです。

繁殖制限、迷子犬、飼育放棄、盗難防止につながるので、いい法律だと思います。


③日本の全国動物物愛護行政も、この先10年間のうちに、処分数を大幅に減らすよう動物愛護推進計画が発表されました。
しかし、行政がどんなに頑張っても、捨てる人、増やす人がいればいつまでも同じことです。
まずは飼い主自身の飼育責任の意識がないといけませんね。


ここに書くことは、実際処分に携わっている職員の方の言葉です。

平成18年度、今から二年前。
青森県動物愛護センターはかなり開かれた、熱心なセンターです。
それでもこの数!!

 青森県動物愛護センターは平成18年度、計1809匹の犬と猫を引き取り、捕獲・収容されたものを含め計3348匹を致死処分した。

 処分が決まった犬たちはその日がくると、ケージから出され狭い空間に追いやられる。職員がスイッチを押すと、密閉された室内に二酸化炭素が注入される。30秒もすると、口の周りを舌でペロペロとなめ、不安を示す行動をとるという。1分後には、背の小さい犬から順に瞳孔を開き、バタッと倒れる。「できればみんな生かしてあげたい…」。職員はこう話す。
この現場が処分され、消えていく「命」の姿なのです。

PAP_0500.jpg

    


 
④政府は来年度地方交付税に総額3億5000万円の「動物愛護管理推進費」を盛り込むことを決めた。引き取った犬や猫の餌やワクチン代に充て、譲渡拡大につなげるのが狙いだ。

 青森県動物愛護センターの藤本道志さんは「譲渡より先に、入ってくる数を減らす“蛇口を締める作業”をしないといけない。不幸な命をなくすには1人1人の自覚が大切。地道な活動を続けるしかない」と話す。

 動物を飼うことの責任について考えてもらうため、同センターは昨年、処分施設の見学会を開いた。今後、その回数を増やす方針だ。
札幌でもこういう企画お願いしたいですね。

「いのち」の大切さを教える「生きた教育」です。

蛇口を閉める作業は、私たち飼い主の手にかかっていますね。

えさ代や、譲渡数を減らすことよりも、収容する施設が足りないということ。
やはり、保護し収容する流れ以前に、
飼い主がしっかりと、愛犬の綱を放してはいけないこと!!
そして、増やさないこと!!


これも一つの今ある「いのち」を守る約束です。

   *************************************

オーストリアの情報はこちらをクリックしてください。
Dixieちゃん(わんこ)と、ドッグトレーナーのeggiさんとの楽しい会話の中に、
飼い主として、一番必要な「信頼関係」を伝えています。

おしゃべりワンコの物思い



元気に長生きしようぞ

このお話の詳しい記事はこのブログに書かれています。

↓札幌管理センターの仔たち。
保護近くに住んでいらっしゃる方は、見かけた仔なら飼い主さんに知らせてあげてください。
今あるいのち

↓しっぽの会
私、僕を迎えに来てください。待っています。

しっぽの会
スポンサーサイト
by sutenaidedotwan  at 20:43 |  海外の犬状況 |   |   |  page top ↑
プロフィール

sutenaidedotwan

Author:sutenaidedotwan
「すてないで。運動」
現在、
動物達を家族に迎えている人
これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し
この言葉を伝えていく活動をしています。
*************
あなたを
家族として迎えたその日から
あなたを
最後まで大切にします。
それが
あなたとかわした
「約束」だから・・・。
**************
リンクフリーです
画像・文章の無断転載は
禁止致します

いつでも里親募集中

カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。